<   2011年 06月 ( 89 )   > この月の画像一覧

 

人間も車もハイブッリッドで動いている不思議!

トヨタのプリウスのハイブリッドカーが世界中で人気で売れています。人間も昔から二つのエネルギーシステムで動いているハイブリッド人間なんです。ハイブリッドカーは蓄電池から電気エネルギーを得る方法(陰のエネルギーシステム)とガソリンと酸素で燃焼させてエネルギーを得る(陽のエネルギーシステム)ふたつのエネルギーシステムで動いています。前者は始動時に適する瞬発力に適し、後者は継続的な持続力に適するエネルギーシステムです。人間もブドウ糖を解糖させる瞬発力を得るのに適するシステムとミトコンドリアによる酸素と水素を結合させてエネルギーをえる継続的な持続力に適するエネルギーシステムで動いています。人間はこの二つのエネルギーシステムを環境の変化にすばやく最適に対応するために自律神経システムを作りました。この自立神経システムはわれわれが意識し命令しないのに、バランスよく両者のシステムにブレーキ(副交感神経)とアクセル(交感神経)を使い分けながら切り替えながら生命活動を営んでいます。まさに自律神経システムにより、「陰の陽と陽の陰」のすばらしい奇跡的なバランスの世界の中でわれわれは生かされています。

ここで、解糖系とミトコンドリアの有酸素系の二つのエネルギーシステムの由来をお話しましょう。最新の宇宙理論では、いまから137億年前にビッグバンにより、宇宙ができ、46億年前に地球が誕生、38億年前に生命が地球上に誕生したといわれています。その生命体はゾウリムシのように単細胞の生物でした。エネルギーはほかの小さな単細胞を体内に取り込み、その餌から糖分をとりだし、解糖してエネルギーを得ながら、分裂を繰り返しながら子孫を増やす生命システムで生きていました。環境がゆるすかぎり餌が手に入ると、分裂しながら増殖する不老不死の生命体でした。炭酸ガスと窒素の大気は、著しく繁殖した海草や藻などの植物の炭酸同化作用により、20億年の大気は酸素濃度がすでに2%(現在は21%)になり、このすべてを燃やすかの可能性がある危険な酸素からエネルギーを得て、海で生きていた生命が新しくできた陸地を目指して活動の場を拡大しようと動き始めました。これは、現代の人間が地球をも破壊させることのできる原子力エネルギーを利用して、宇宙空間に進出しようとしている状況にも類似しています。

酸素は生命の細胞を酸化させ老齢化させます。もともと人間の原始細胞は酸素を嫌う細胞でした。今でも人間の細胞は酸化ストレスで老化現象が発生するといわれています。それくらい酸素は人間の細胞にとって危険な存在です。

しかし、陸上や大空で活動するためには、酸素エネルギーを燃焼させてえる効率のいいエネルギーシステムを利用することが不可欠でした。そこで、われわれの先祖の生命体は酸素が大好きなミトコンドリアとの提携をしたのです。自分の糖を少しだけミトコンドリアに渡し、酸素と結合させてエネルギーを利用させてくれる契約をしました。それから8億年が過ぎ、12億年前にはミトコンドリアは人間の細胞の中にとりこまれ、、単細胞から多細胞になるために真核細胞が完成させました。多細胞のシステムにより生命が大型化できるようになりました。体重1キロ当たり細胞は1兆個の多細胞の生命体になります。ミトコンドリアもひとつの細胞に数百個から十万個まで細胞の中に共存する道を選びました。この結果、人間も単細胞の持っていた解糖エネルギーシステムとミトコンドリアの有酸素エネルギーシステムのハイブリッド化された二つのエネルギーシステムを持っているのです。ミトコンドリアとの契約には人間の原始細胞が勝手に分裂を繰り返し増殖すると、ミトコンドリアの数が著しく減少するのを防御する危険性を回避する条項がありました。

それは「死:アポートーシス」のシステムです。ミトコンドリアは人間の細胞の遺伝子の中にテロメアといわれる老化寿命時計遺伝子を組み込みました。そして、雌雄の2つの相反する固体の生殖より、多様な遺伝子の組み合わせにより進化する繁殖システムを提供したのです。つまり、セックスと進化の代償として、不老不死のシステムを放棄させたのです。

今から65年前に、これに似たようなことを、日本人は体験しています。敗戦により日本が自主憲法と軍隊の交戦権を放棄させられ、日本国内にアメリカ軍を自由に治外法権で沖縄や横須賀などに国内に駐留させ、、その代わり、経済的な進歩と繁栄と安全保障条約でアメリカ以外の外国からの侵略から安全を手に入れた状況に酷似しています。
[PR]

by masashirou | 2011-06-28 21:50  

今年の山鹿千人盆踊りの日が近くなりました。

昨年、漫画家の青年が偶然に撮影したデジタル写真に移り込んだオーブ写真ですが、今年は私も出かけて安いデジカメを購入したので撮影してみます。こんなにたくさんのオーブがとれれば再現性が実証されるので、何らかの盆踊りとオーブの関係性が検証できるかもしれません。
あの世の世界から山鹿盆踊りを団体で見物に来た龍玉たちの映像写真です。
b0072881_9571785.jpg


拡大写真龍玉(オーブ)
b0072881_12422557.jpg
b0072881_12413839.jpg

b0072881_1045429.jpg
b0072881_1053149.jpg


オーブの写真が多く撮影される理由はデジカメの普及と携帯写真の普及により、多くの人間が手軽に写真を撮影して、簡単に自分でパソコンで見ることができることと正比例関係にあると思われる。

orb(オーブ)の海外ユーチューブ動画サイトをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=7FsLqFIkYI0&feature=related

ハーバード大学の物理学者リサ・ランドール博士はあの世(五次元世界)への方程式を表した科学者です。NHKのドキュメンタリー番組でも2009年に放送されました。スイスでは彼女の理論を証明するために巨大な地下100メートルに山の手線位のループ状の施設で水素の陽子を光速で衝突させて5次元世界の証明をする実験が7000億円の費用で行われています。
彼女の発想はフライパンの準結晶と呼ばれる傷がつかない、焦げ付かないコーティングこそが5次元の完全な結晶体が4次元世界に投影されると準結晶として不思議な作用をするコーティングとなるという説を発表しました。
龍の玉の4次元世界の映像も5次元世界での生き物が4次元世界に姿を見せる映像かもしれません。さまざまな文様と色と輝きがそれぞれ異なることからあの世もこの世に類似した個性豊かな世界があると推測されます。
b0072881_10165895.jpg
b0072881_1019420.jpg
b0072881_10213914.jpg




b0072881_9113492.jpg

これを科学的に説明する説が3つある。
1)レンズのゴミがフラッシュの光に反射して映るというゴミ説。
2)レンズに付着した水蒸気や水蒸気がフラッシュに反射して映るという水滴説。
3)5次元世界の投影された形が映ったとする龍玉説。
1)の説はカメラ屋さんが主張する説だが、この説の反論として、同じ連続写真、下の写真のように、オーブの位置が毎回異なる。オーブの拡大写真を見ると、重なりあっているオーブは空間的に距離感を感じさせる重なりを感じさせる。レンズの同じ平面に付着した感じのように見えない。また、全国でニュースキンの指導者の有名な全国で講演されている高島光昭氏が父の葬式にたくさん死んだお父さんと撮影した写真に、オーブが映っていたという事例や、それも、友人のカメラ弟のカメラや親せきのカメラにも同じオーブが撮影されていた。ことから、同じゴミが複数のカメラに付着することはあり得ないと高島氏は主張されていた。3)説を裏ずける話として、オーブ写真の多くが葬式の棺桶の上や故人の部屋や、火葬場にも同じ形のオーブが撮影されていたそうである。これは2)の反論にもつながる事例である。「奇跡のリンゴ」の木村さんの本のなかに、掲載された写真にもオーブが講演会場でたびたび撮影されている。真の始皇帝の墓である四川省の兵馬俑や上海の青龍寺、箱崎神宮や八坂神社、山鹿の盆おどりや葬式など死者とのゆかりのある場所で多く撮影されていることなど、あの世と何らかの物語がある場所やイベントの際に撮影されている。これは3)の説の可能性を示唆している。木村さんの本の中には、会場の多くの人が光の玉(オーブ))が木村さんの頭や背中について移動するのを肉眼で見てざわついたと書かれている。子供や霊能力者にはオーブを肉眼で見えているという。
b0072881_12272181.jpg
b0072881_12264462.jpg
b0072881_12252644.jpg
b0072881_1224204.jpg
b0072881_12222444.jpg

b0072881_920122.jpg


龍の写真は不思議な時に撮影されます。以下の写真は珍しい物語を伴なう状況で撮影された龍の写真です。
写真を逆さまにすると、玉の中に龍の顔ととぐろを巻く龍の姿が見えます。
五次元世界では龍の姿をした幽体が有るという霊能力者のサイトが有りましたが、不思議な写真ですね。
龍は貴い使命を受け継いだ選ばれた人間だけにみえたり、霊感があり、不思議な使命を持つ人間の写真に撮影されるそうです。

ハリウッドのアクションスターのセガールは、チベットでダライラマから頭のチャクラーを開けていただき、龍が守護神となると言われたそうです。下の写真の日本女性も宇佐神宮の巫女と、秦の始皇帝の巫女の前世の夢を何度も見るという不思議な魅力のある女性です。

いずれにしても、我々が知っている世界は宇宙の一部かもしれませんね。




水の神さま龍をお祭りする親孝行神社(博多)をお参りした次の日に東京でのパティ会場でスティブン・セガールの写真に現れた2匹の龍の写真
b0072881_18394150.jpg



秦の始皇帝のお墓がある四川省の兵馬俑を訪れた日本の女性の写真に始皇帝の守護神と言われる龍の姿が映る写真。
b0072881_18334116.jpg


同じ女性が上海を訪問した時に現れた龍玉の写真
b0072881_1835791.jpg


その女性の息子さんが箱崎神宮の上空で撮影した龍玉の写真
b0072881_18362833.jpg

[PR]

by masashirou | 2011-06-28 21:41  

水から出来る燃料!水で走るオートバイ実験

ブログをご覧になっている皆様にお願いします。







ぜひ、皆様のブログに以下のブログをコピーして多くの方にひろめてください。みんなが知れば経産省や東大の学者やマスコミも無視することができなくなります。人類史をかえるフリーエネルギーのこの大きな発明が世界中に広まります。今までは大きな権力者だけが世界を指導し、その利権の拡大のためにマスコミがうごく、そして、法規制と官僚と政治家が動いていました。中東の民主革命のように、我々が小さくてもみんなでこの情報を広く共有すれば、大きなうねりとなって日本の閉塞状態を打ち破ることができます。協力をお願いします。2011年2月におおまさガスとプロパンガスの混合気体で動く車を走らせました。既存の業界の力を得るために混合気体にしています。世界が今大きく変わるチャンスです。放射能物質を除去できるガスです。また、夜間の電力を効率よく安全に、しかも2倍のエネルギーにして蓄電できるガスです。本当のものはただです。このガスはただの雨水でも海水でも泥水でも燃料になるガスです。世界が変わります。韓国では国家レベルでこのガスに類似したブラウンガスを研究しています。このガスを放射性物質にあてて燃焼させると放射能が消滅する用途で使用されています。福島原発の高い放射性物質の除去に使用できます。おおまさガスが世界中のエネルギーを必要とする発展途上国に最大の贈り物が出来ます。日本は原発に毎年4500億円の補助金を出しています。その一部でもおおまさガスの原理解明と安全検証に使うべきだと思います。安定的に安全に製造できるシステムを世界で開示しているのは日本テクノだけです。ただ追試を権威のある他の機関でするだけで証明されます。皆様がこのブログをコピーしてこんな技術が有ることを認識していただくだけで、闇の世界で葬られる新エネルギーの多くの発明が世に出ます。来月から東北電力の秋田県能代火力発電所で今まで無いと言われた大型蓄電装置8万キロワットの建設が始まります。来年1月に稼働します。

この蓄電装置もマスコミは無いというキャンペーンをしていました。素晴らしい技術も既存の原発村や新たに出来た水素村の既得権益者により握りつぶされます。今までテレビでコメントするエネルギー専門家が「電力は蓄電できないのです」というコメントが嘘であることが明らかになった。
8万キロワットの蓄電施設を東北電力の秋田能代火力発電所に7月から設置する工事に入った!完成は来年1月だという。今まで、大容量蓄電池は、この世には存在しないと言っていた電力会社やマスコミは今まで嘘を言っていたことになる。それも日本の会社に日本ガイシとなんと、東京電力の技術で開発されていたのだ。すでに、2009年からこの日本製の高性能、なんと、エネルギー密度が従来の3~5倍になるなどの大容量蓄電池は欧米や中近東では広くつかわれている。蓄電池ができないから原発を作らないと昼間のピークロードに対応できないという嘘のキャンペーンに国民はだまされいたわけだ。今まで原発村の利権に取り込まれた政治家やマスコミや文化人、学者など電気は蓄電できないという洗脳がこれで破綻した。新聞には小さくしか報道されていないテレビでは全く報道されていない。これほど大きなニュースは無いはずなのに!いったん動かすと容易には停止できない原発向けの莫大な費用がかかる揚水発電よりも発電所内で蓄電できる蓄電池システムの方がいいはずだ。
太陽熱や太陽光発電は夜間使えないからだめだという原発村に組する文化人が様ざまなメディアで語っていたが、これで昼間しか発電できない太陽光発電も家庭用の蓄電池が普及すれば、人々は電力会社から独立して昼も夜も電力を使えることができる。こんな衝撃的なニュースをテレビは黙殺しているのが不思議である。海外から日本ガイシに蓄電池の発注が相次いでいる。株価は高騰しています。なんで、日本政府は原発に変わる電力について黙殺するのか?
これは新しい成長戦略として経済成長を復活させる偉大なブレークスルーである。
原発村の原発村のためのエネルギー政策をこの機会にかえることができるのは国民がエネルギー政策に興味を持ち続けて、発言することだと思う。
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 22:54  

実は太陽は暗くては冷たい存在なんです

皆さんは太陽は明るくて暖かな存在だと思われているかもしれませんが、実は太陽は暗くては冷たい存在なんです。宇宙船が地球から大気圏を抜けて太陽に向かって宇宙空間に旅たつと明るく暖かな太陽に近づいているはずなのに周りは暗い暗闇の世界で冷たい空間になります。地球上で太陽が明るく見えるのは地球の大地や海に反射した太陽光線が明るく見せているのです。大気圏の空気が太陽光線の反射により温められて、雲などの水蒸気や二酸化炭素ガスなどの気体が宇宙に飛び出す熱を封じ込めているからです。太陽だけでは明るさも暖かな世界は出来ません。太陽の明るさと温かさは地球と大気圏が太陽光線を反射しているおかげなのです。

それと同じように人間の温かな優しさもそれに感動して相手に感謝の言葉を大きな声で返さないと温かな明るい社会は生まれないのです。地球の明るい温かな世界は反射により出現しますとお話したように、人間社会も感謝、つまり、優しさを受けた感動を[ありがとうございます]と言葉にする事で初めて明るい温かな社会が出現するのです。言ベンが射についているのは言葉で口に出して相手に伝えないと駄目ですよという意味です。
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 22:24  

空気で走る車がインドで発売される!








ワンキャット(名付けられたこのクルマは、
ランス・ベンチャー企業MDI (Moteur Development International s.a)が基本開発したもの
圧縮空気だけで移動して200キロの走行が可能、さらにガソリンエンジンコンプレッサーを搭載することで、走行距離の延長を図ることも可能である。
加えて長距離旅行などの場合には多種の液体燃料を使用できるバーナーで空気を暖めることで
圧縮空気の圧力を高め、800kmの走行もできるようになるという。
その場合、約66km/L、約59km/Lの燃料消費率、


ボディサイズは、両モデルとも全長×全幅×全高:3.4×1.65×1.7mで、それぞれ320、380kgの重さしかなく、
世界初という画期的なモデルにも関わらず約55/83万円という低価格で、インド国内での販売を開始する。
発生馬力15/22馬力、最高速度は時速90/110km。 カーボンファイバー製のタンクを搭載し。2〜3分という短時間で圧縮空気の補充が完了。

ついに無尽蔵の空気で走行する車が発明された。それもエンジンが小型で、3本の空気ボンベには給空気は2〜3分間で可能。最大200キロ走る。時速110キロ以上出る。原理は圧縮空気を空気モーターを回転させる。インドのタダ自動車がライセンス生産契約をした。

 画期的な発明だ。圧縮空気だけで車輪に動力を与える自動車がつくられた。円形のロータリーエンジンは吸気と排気だけのシンプルな構造で燃焼による熱が無いので空気モーターは軽量である。14キログラムと6キログラムがある。。小型のアルミ製である。高圧の空気ボンベは計量の炭素繊維で作られている。構造がシンプルなので故障がない。 最高速度で1時間に110キロのスピードを出すことができ、3本のボンベに1回の充填で走行距離200キロ。その前に補充が必要になるが、それは車体にコンプレスサー充填できる。給空気ステーションでは3分間。家庭での給空気は2ドルの電気代金でコンプレスサーを使い、所要時間は4時間である。
 公害からフリーという利点の他に、天然ガスを使用する車より火災を起こす危険も少ない。 南仏ニースで生産されている。2011年、空気を動力源とする車がオーストラリアの工場の車が導入されたとニュースで紹介されている。 生産される車は、いずれも圧縮空気で走るフアミリーカー、ピックアップ、バン、それにタクシーである。最高時速120キロで、200キロ走ると圧縮空気を再チャージするが、そのための所要時間は2分である。 空気だから無害、不燃ですから安全だ。
 これらが評判になって、開発したフランスのMoteur Development International社とすでに60の国々が契約を交わした。その上にまた、小規模な施設で製造することができ、100人の工場で年に2000台から4000台の車を生産できるようにデザインされている。インドの最大の自動車会社タダから1台日本円にして80万円以下で販売される。ガソリン車からの改造も簡単にできる。早く日本にも生産工場が導入されないだろうか。
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 22:06  

6月26日哲学カフェ「無用の用を哲学する」



親不孝通りんあんみつ姫前のビルの9階ビジネスカフェにて
定員15名、電話予約制、残り2名空き有り
14時から16時まで講座、自由討論懇談会16時から19時まで
会費2000円コーヒーお菓子付き
1)「働かない蟻に価値がある」ベストセラー本に学ぶ無用の用
2)映画「四分の一の奇跡」に学ぶ無用の用
3)水から燃料を生み出す。おおまさガスの魅力と将来
4)フリーエネルギーの世界の発明家たち
5)フランスの空気で走る車の未来
6)脱原発の再生可能エネルギーの未来のビジョン
7)実験;気のエネルギーで車を回す実験公開
8)スターリングエンジン模型実験
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 10:13  

キッコーマン、海外で今しょうゆが売れる

キッコーマン、海外で今しょうゆが売れる
2011/6/22 6:00

 キッコーマンがオランダに抱える生産子会社「キッコーマン・フーズ・ヨーロッパ」。4~5月に突然、同社のしょうゆの出荷量が前年同期より約2割も伸びた。
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 10:10  

九州の時代が始まるのです。日本もこの波動原理に従い国の構造が変化します

人類の歴史は太極図の陰と陽の紋様と波動に従いながら推移します。

2000年から西洋から東洋へ覇権が移行します。


ハワイ大学を卒業して世界的に有名な統計学者村山節博士(ムラヤマミサオ)「文明法則史学」の学説です。

日本もこの波動原理に従い国の構造が変化してきました。事実、5世紀から13世紀までが九州博多/日本海に面する出雲王国や関西地方の飛鳥、奈良、京都の時代、九州がメスの龍の頭になり、女性的な陰の海である日本海の都市国家や西日本が日本の中心に発展する時代でした。東洋が世界を支配する時代でした。アジア特に随や唐を向いて発展しました。戦いの無い平和な時代で輝かしい女性的な優しい文化の花が咲きました。次の800年は14世紀から20世紀までは雄の龍の時代、サムライ戦いの西洋の支配する時代、男性的な戦い、争いの時代です。東洋から西洋へ主役が交代しました。欧米、特にアメリカを向いて日本も太平洋に顔を向けました。北海道を頭にした男性的な陽の海である太平洋に面した関東、鎌倉、尾張、江戸、東京の時代です。21世紀から28世紀まで再びメスの龍の時代が始まります。東日本から西日本へ文化の中心が移行します。平和な東洋の日本精神文化が世界中に拡大します。その文化とは日本の文化です。アジアの時代東洋が再び世界を支配する時代の始まりです。九州の博多、日本海出雲、島根県、大阪の時代の始まりです。3、11という災害はこの東日本から西日本への国土軸の大転換の大きな時代の変革の兆候としてとらえるべきです。東京の時代が終わります。再び日本をリードするのは福岡です。九州の時代が始まるのです。




西暦1200年、今から800年前に白人が十字軍遠征を開始してアラブ人から聖地エルサレムを奪い返しました。それから800年後、2001年、9月11日アラブがアメリカの富の聖地ニューヨークのツインタワービルを攻撃しました。東洋の800年と西洋の800年が終わりました。新しい1600年が始まります。

その周期は800年の波です。

陽が800年と陰の800年の1600年の陰と陽の周期を持つ波動です。

西洋が陽の時は東洋が陰となります。これは交互に交代します。

陰と陽の800年の周期の中にはそれぞれ、春夏秋冬の4つの季節が有ります。

それぞれ200年の周期が有ります。


陰の800年にも陽の800年の中にもそれぞれ200年の小さな季節の変化が現れます。


800年の周期の中には、

その区域や国家で100年の変動期と、300年の周期の春夏秋冬の隆盛と滅亡の季節が2回有ります。残りの100年は混乱の季節です。合計800年の周期です。

その国や文明の文化の開花や天才は春の終わりから夏始めに現れます。哲学や思想は秋の終わりから冬の時代に現れます。老荘思想が生まれた2500年前は1600年の周期のもう一つ前の1600年の後半の東洋が世界を支配した時代の冬に誕生した哲学です。

アメリカの滅亡は2000年から始まりました。完全に消滅するのはあと100年くらいかかります。次の世界の覇権国は日本と中国連合体です。日本が文化と精神を受け持つ覇権国、つまり、ギリシャとして繁栄します。しかし、実質的な世界の軍事と経済の覇権国としてローマになるのは中国です。これは300年続きます。次は100年ほど混乱ガあり、インドとアフリカ連合体が次の300年を支配します。100年の混乱期のあとに、再び、西洋の覇権が移行します。


アメリカは100年後には6つの分断されて、一番西に位置するCALFORNIA共和国は、かつての東ローマ帝国のように西洋が輝いていた前の800年の文化を東洋に伝える役割の国として繁栄します。ただし指導者と国は有色人種により運営されます。ロスは東ローマ帝国の首都コンスタンチーノプル(現在のトルコの首都イスタンブール)になります。東アメリカ共和国の首都はニューヨークです。これはスペインを支配したアラブ勢力の支配する国になります。かつてのスペインのコルトバは800年間アラブのウマイヤ王朝の支配下にありました。ニューヨークはコルトバみたいなアラブ人が支配する繁栄する首都になります。



参考資料

村山節先生の文明法則史学、(文明800年周期説)


老子の太極図は陰陽の回転変化する紋様で描かれています。文化は陰と陽が交差する陰の陽、陽の陰で誕生します。日本が長い時代を発展を遂げることが出来る秘密は東洋と西洋の中間に位置するからです。ですからどの時代にもその時代の覇権国、エリアの一番強い国に協力し、常に繁栄を続けるることが出来るのです。宇宙のすべてに陰陽原理が働いています。ですから人類の文明も同じ原理が働くのです。
世界の文明ともいえる歴史にも陰陽の交代します。老荘思想の言葉には禍福あざなえる縄の如しという言葉が残されています。文明も二本の綱があざなわれるごとくに、
東洋と西洋がみごとにその役割を交代しながら、それぞれの文明が開花します。

<<第一文明サイクル>>

●西の文明 
   原始エジプト文明 紀元前3600年~紀元前2800年  
    人類の建築土木技術の発達         
    エジプト古王国のピラミッド
    ナイル川の潅漑工事
    外国人侵入 エジプト衰微
      [裏 原始シュメ-ル]

●東の文明 
   古代メソポタミア文明 紀元前2800年~紀元前2000年
     文字の発明
     アッカド 都市国家群
     シュメールのくさび形文字・中国の漢字の原型
     バビロニア王国    首都ウル
     インダス文明 
     BC2500年 中国春秋時代の諸子百家(絶頂期)の儒教・道教(老子や孔子)
     中国古代文明の華 古代中国の繁栄


      [裏 エジプトの中世 西洋の春]
      
★ 激変期 アーリア人、インド侵入 アーリア人大移動     


<<第二文明サイクル>>    

●西の文明      
   エジプトおよびエーゲ文明 紀元前2000年~紀元前1200年
     衣服・食生活の向上
      夏 クレタ文明興隆(エーゲ文明開花)
      秋ミケーネ文明・エジプト新王国
      エーゲ文明(クレタ・ミケーネ)の
           衣服・葡萄酒の生産        
      ヒッタイト(鉄文化)、トロヤ文明     
      エジプト中王国 新王国           
      トロヤ戦争
      [裏 アジア未開時代 東洋の冬と春]

★ 激変期  地中海一帯の気象に大異変・急速な寒冷化
     大麦小麦の生産激減  周辺の民族が飢えて移動
     ドーリア人バルカンに民族大移動

●東の文明      
   古代アジア文明 紀元前1200年~紀元前400年    
    宗教・思想の発達
    夏殷 アッシリア 周・・ スキタイ文化
    アケメネス朝ペルシャ
    秋インドの仏教登場 500(インド古代文明秋の時代)
    
   [裏 冬欧州未開時代 エジプト暗黒 エーゲ文明断絶]  
            フェニキア人西方進出

★ 激変期アレクサンダー大王 世界統一、民族大移動 
      凶奴の脅威        


<<第三文明サイクル>>

●西の文明     
   ギリシャ・ローマ大帝国文明 紀元前400年~5世紀  
     キリスト教の発展 科学技術発展
     (冬;エーゲ文明時代に使われた文字さえ消滅)
     (春;ギリシャで、伝承の詩人ホメロスが活躍)
      ギリシャローマ帝国の基礎はホメロスは哲学のもとを作った。オデッセイの完成
  夏;ギリシャローマ文化  パックスロマーナ(ローマの力による平和)
     ギリシャを中心に芸術・哲学・科学が花開く現代ヨーロッパの古典
     ソクラテス・プラトン・アリストテレス        
     アルキメデスの原理などの科学の進歩                   
     
  秋ローマ帝国覇権                      
     キリスト教を国教として採用  360年          
     ホメロス群次にくる煉金術の中世暗黒時代           
     の陰の時期を経て近代科学哲学のもとを作った                    
     [裏 アジア中世 秦の始皇帝 前漢・後漢 ]
                            
★激変期 
   気象異変、食糧不足            
     ゲルマン民族の大移動 375年から   
     西ローマ帝国滅亡 467年         
     五胡十六国                
     ギリシャ・ローマ文明は中世には5%しか伝わっていない       
                                                            

●東の文明      
   5世紀~13世紀アジア極東文明 、燦然と輝く唐の文化の開花  
  
  夏;中国的ルネサンス 随・唐  李白・杜甫          
     中国の唐詩・書道・東洋芸術の確立       
     インド美術 仏像彫刻(敦こう・雲丘)        
     中国 唐の長安 人口100~150万人     
     アッシリアペルシャ   
     アンコールワット            
  
     日本も古墳時代から博多や太宰府。出雲などの日本海時代
     倭の五王 聖徳太子の7世紀の飛鳥文化の花が咲く      
     大化の改新         
     奈良・平安時代  王朝律令国家 貴族文化全盛              
     女性の活躍 (紫式部の源氏物語) 菅原道真の和歌運動。遣唐使の廃止。日本文化への      誇り                           
  秋;ササン朝サラセン帝国の文化  イスラム教がササン朝末期  
     イスラム大帝国      急速に広まる        
     首都バクダード 人口200万人           
     コルドバ、イスラムの支配下 人口50万人     
     宋 経済繁栄・朱子学・陽命学・気の研究         
      [裏 欧州は暗黒の中世 キリスト教東西分裂 フランク王国]

  ★激変期 地球温暖化による農作物の収穫拡大、欧州の復活が始まる。
     十字軍による西アジアからの掠奪がヨーロッパの経済水準上昇に寄与する。
     ルネサンスへとつながる (12世紀前期ルネサンス)  
     フン族侵入ゲルマン移動                  
     ジンギスハンが宋を滅ぼす。世界統一。東を没落させる        
     回教徒民族大移動(1206年~1300年)    
     オスマン・トルコの欧州侵略  


<<第四文明サイクル>>

●西の文明      
   ヨーロッパ文明 13世紀~20世紀      
   物質文明・機械文明 生産力拡大         
     冬;ヨーロッパ中世・自給自足の村社会 を経て            
       フランク王国首都アーヘン 人口2000~3000人)  
     春;ノルマン人の移動・十字軍遠征・地中海航路の設立)      
      前期ルネッサンス12世紀                  
      イスラムの富が略奪され、ヨ-ロッパへ持ち帰られる。
      ギリシャ/ローマの遺産の再発見         
      ベネチア地中海貿易の拡大  地中海航路 胡しょう 情報と富の集積   
      ヨーロッパ最古の大学 オックスフォード・ケンブリッジ・パリ
      ボローニャ大学始まる
      [裏 明と清の恐怖政治 日本戦乱と鎖国]
 
  夏;14世紀〜15世紀 本物のルネッサンス イタリアをベニチアを中心に開く
    15世紀〜16世紀 大航海時代
    スペイン・ポルトガル・オランダが世界を支配
    19世紀  イギリス・フランス二よる世界制覇          
  秋; 資本主義経済社会
    1929年 ニューヨーク株式大暴落 世界大恐慌 第二次世界大戦
    資本主義の台頭アメリカ 大量生産・拡大・対立・闘争・勝利・・・
    人口の急激な増加  投機熱 アメリカの世界支配

 ★激変期
    9.11アラブ人による西洋文明の象徴のツインタワービル攻撃、
    反十字軍の戦い   
    サブプライム金融システム崩壊!    
    イスラム教の台頭、オイルマネーの影響拡大、ドバイの台頭!
    旧ソ連地域・ウラル山脈の西側南側スラブ民族の大移動がおきる
    チェルノブイリ原発事故
    地球温暖化、異常気象の報道激化?
   
   異変; 2011年3月11日 東日本大震災が発生、福島原発事故

   異変;2012年、6月11日? 
   東海大地震による関東地区、東京一極集中文化の体制崩壊?
   中国や日本、イスラエル、欧州に頻発するUFO目撃事件発生



●東の文明  21世紀~28世紀(800年)人類の精神性の覚醒の黄金時代
     中近東の諸国の独裁者追放、民主革命がファイスブックから始まる。
     トルコ・中近東から始まり、アジアの時代へとむかう。
     中国の世界覇権主義の拡大
     インドの台頭

     2013年、日本がメスの龍と変身して、
     九州福岡/博多が新しい日本の中心となる時代が始まる。 
     女性的なものが文化が開花する文明、平和を愛する文明が始まる。
     フリーエネルギー(水のエネルギー)の時代が始まる。
     地球外生命体とのコンタクト?        


現在の文明サイクルはこれまで3サイクルを経て 西東・西東・西東・西(東)  
4サイクルの前半を終えようとしている。
すなわち5600年の 西と東の文明の興亡交替の歴史が21世紀から始まるのです。

    
[PR]

by masashirou | 2011-06-26 06:08  

東京ガスと大阪ガスがガス発電事業に事業拡大

ガス会社や石油会社や製鉄会社、ビル事業会社んどの事業隊が保有する発電能力は約5000万キロワット(火力のみだと、4750キロワット)と日本の原発の発電能力(4896万キロワット)とほぼ同じである。東京ガスや大阪ガスは既に100万キロワット以上の巨大なガス発電所を保有している。大阪ガスは大阪府の民生用電力の3割をまかなう110万世帯の規模のガス発電所を保有している。これからガス会社がおおきな地域の地産地消エネルギーとして電力会社の競争相手になるだろう。東京都の都営の8つの巨大病院は都市ガスを使用する自前のガス発電機施設をすべて設置することになった。自前の発電所を持つと燃料効率を廃熱利用することで温水や冷暖房などのコジェネ有効利用が出来る。燃料効率を30%から70%まであげることが出来る。電力の独占的な経営はもはや出来なくなりつつある。九州でも西部ガスがより積極的に発電事業に進出して発電事業の多様性に努力してほしいものです。これからの世の中のキーワードは「地産地消」です。政治も文化も食もエネルギーもこのキーワードで動くでしょう。大規模から小規模、集中から分散、単独支配から多様性、遠距離から近距離、高エントロピーエネルギーの一極集中利用から低エントロピーエネルギーの多数利用、偏在エネルギーから普遍エネルギーなどのキーワードがすべての分野に広がるでしょう。日本の仕組みがエネルギーを中心に変革すると思います。またしなければならないと思います。
[PR]

by masashirou | 2011-06-25 12:50  

信じられる?お水で発電しちゃうんだよ!水注いで発電・20年保存可…ナカバヤシ、水電池販売へ

5年前に東京のある有名な投資家のオフィスで見せてもらった水で発電する乾電池が2011年8月から日本で発売されるというニュース!すこしづつ従来の常識を破る隠されていた発明が日本から出てきました。少し大型化すれば、家庭での水で発電機施設も完成します。電力が落ちると水を再度注入すると再び何度でも電力回復するという。電力が弱まっても、再度注水すれば数回利用可能。また、一般的な乾電池は使わなくても放電するが、水電池は水を入れなければ長期間保存でき、未開封なら約20年間もつという。夢の電池だ。楽天で既に発売していましたので、20本購入しました。7月28日の60周年記念番組でご紹介します。
小型乾電池だとまだ弾圧されないのかもしれませんが?注目の技術です。


水電池新型NOPOPO 3本セット
本製品は「乾電池」ではありません。水の作用(触媒としての水)により
電力を発生するもので、少量の水を注入すれば約2分程度で
1.5Vの電力を生成する発電電池です。

【特徴】
◆約15gと軽量(マンガン電池の約65%)
◆未開封で長期保存・備蓄が可能(20年未満)
◆使用後は、一般不燃ゴミでOK
(※重金属など有害物質は含んでいません)。
◆水に限らず、酒・ビール・コーラ・コーヒー・尿・唾液など、
水さえ含んでいれば電力を生成することが出来ます。
◆電力が弱まったら、再度注水すれば再び使用することができます
 (※使用回数には制限があります)。


水注いで発電・20年保存可…ナカバヤシ、水電池販売へ
2011年6月25日4時47分



プラス極にあいた穴にスポイトで水分を入れると発電する水電池


 スポイトなどで内部に水を入れると発電する「水電池」を、文具製本メーカーのナカバヤシ(大阪市)が8月上旬から販売する。元々は子会社が販売していたが、今後は非常用として需要が増えるとみて、より販売力が強い親会社が直接取り扱うことにした。

 商品名は「水電池NOPOPO(ノポポ)」。単3電池サイズで、付属のスポイトを使ってプラス極の脇にあいた穴に注水すると、内部の金属からイオンが溶け出す化学反応が起こって発電する仕組み。水の代わりにジュースやビール、唾液(だえき)でも発電する。未開封なら約20年間保存でき、1回の注水でLED照明なら約5時間使用可能。電力が弱まっても注水すれば数回使えるという。

 災害時や非常用の備蓄として、ポケットラジオやLED懐中電灯など消費電力の少ない機器での使用に向いているという。3本パック630円、100本パック2万790円(いずれも税込み)で販売する。1年間で100万本の販売を想定。製造元の水電池メーカーの日本協能電子(東京都港区)はこの製品の特許を取得している。

2011年06月13日アメリカでも同じような電池がはつめいされたらしい。

資料1)【電池】充電した液体の入れ替えでフルチャージできるバッテリを開発 マサチューセッツ工科大学 :

MIT news(マサチューセッツ工科大学のネットメディア)によれば、MITの学生がバッテリの新システムを開発したとのことです。このシステムでは、充電された新開発の液体を入れ替えることでフルチャージできるというもの。つまりガソリンを給油するのと同じような速さで、チャージできるという画期的なシステムです。

この構造は、セミ・ソリッド・フロー・セルと呼ばれるもの。これまでのバッテリはアノード(マイナス極)とカソード(プラス極)を1つの電解液に漬けた方式でしたが、この新しいバッテリのシステムはアノード側とカソード側を別々の容器に分け、両者を循環させることで電位差を取り出すというもの。バッテリには貯蔵と供給の2つの機能がありますが、これまでのバッテリではそれを1つの容器のなかで行ってきました。対する新しいシステムは、2つの機能を分離したということです。

セミ・ソリッドとは新たな粘性のある電解液のことで、Camburidge crude(ケンブリッジの原油…的な意味合いかな?)と呼ばれていて非常に高い能力をもったバッテリとのことです。

形はいたってシンプルなようで、これによって現在の一般的なバッテリ・システムに対して、コスト、サイズともに半分くらいにすることが可能とのこと。
[PR]

by masashirou | 2011-06-25 11:13