2011年 08月 28日 ( 1 )

 

第13回哲学カフェ「生命の不思議を哲学する②」(8月28日開催)

第13回哲学カフェ「生命の不思議を哲学する②」(8月28日開催)

自分探しテスト;神様は4つのキャラクターを設定して私たちに選ばせた。勇、愛、親、知の4つの組み合わせ。
あなたの嘆きのなかにあなたが人生で最も大事にしている生きる目的,天命がある。
聞くという事;それはあなたを話し上手にするという不思議。「あなたはそのように考えているのですね」
1)勝ち組としての存在:精子と卵子の出会い
2)この世とあの世の仕組み
3)アバターである肉体:災いを楽しむために生きている事を理解すると人生は楽しい。
4)人生の目的とは?「長く生きる、知る、つながる」
5)DNAのジャンク遺伝子は話す言語で瞬時に変わる
6)太極図;すべてが4つの数字で出来ている
7)自我の仕組み;顕在意識と潜在意識;副交感神経と交感神経
8)知足;心の基礎工事;存在自体が有り難いと思う意識構造を作ろう
9)無用の用;すべての事が意味が有るを知ろう!
10)水の教え;何でも変化できる柔軟性こそ人生の醍醐味である
11)悟りとは?差を取り除く事『ありがとう』の波動が全てを変える。自他一如の極意
12)武蔵の五輪の書と老子;戦わないと構えない常勝の秘訣
13)世阿弥の花伝書「守る、破る、離れる」人生の極意

14)映画「素晴らしき哉人生」にみる非存在からのデメリットから自分の価値を見いだす
15)北原白秋に見る老荘思想「バラの花咲く」
16)トルストイに影響を与えた老子と醬油
17)明治天皇の御製「敷島の大和心の雄々しさはことある時ぞあらわれにける」
18)時間は心と肉体で逆向きに流れている;この原理を使えば何でも夢が叶う。過去を変える仕組み
19)老子哲学とは気づきである;  本当の自分が一番自分を知らない事を知る
20)必然と偶然、秩序とカオスの生命現象の不思議
21)4という数字が支配する世界の不思議

宇宙を構成する基本の数字は4です。太極図の紋様にあるように、陰と陽、陽の陰、陰の陽の4つが宇宙を表す数字です。価値は陰と陽が混じり合う瞬間に誕生するのです。


私が目にした限りでは、あの世とこの世と2つの宇宙や3つの宇宙の事を解説した書物はありますが、4つの宇宙について言及しているのははじめての概念と思います。

我々は4次元世界に住んでいます。線、面、立体と時間の4次元世界です。
ですからすべての現象に4つという数字が支配するのです。


古事記に描かれている宇宙観も4つの世界で出来ています。

天上世界の高天原、地上世界の葦の立つ国、地下の黄泉の国、海底と地底の根の国
まさに、陽の世界、陽の陰の世界、陰の陽の世界、陰の世界という太極図の世界観です。

地球の世界観も、日本では、日本、震旦(支那)、天竺(インド)南蛮(欧州他)の4つです。

私たちの生きる地上世界は、光りの波動に満ちた世界(陽)、波動毎にファジーに区別された幽体の世界(陽の陰)、全てにひとつであるという記憶を持ちながら、個として他者を区別しようとする知識を保有する混沌の地上世界(陰の陽)、物質だけの世界(陰)の4つから構成されています。

私たちは、中間の2つの世界を輪廻転生を繰り返しながら魂の波動レベルを上昇させる事を繰り返しながら学び、遊び、修行しています。太極図の紋様のように、陰と陽の世界は細い通路で繋がり、対消滅、対生成を揺らぎながら空の状態で存在しています。

死の世界(陰)、誕生日(陰の陽)、生の世界(陽)、葬式の日(陽の陰)の4つの変化が人生です。



宇宙の力は電磁力、重力、小さい力、大きい力の4つ力で構成されています。

原子は陽子、中間子、中性子、電子の4つで出来ています。

遺伝子情報も4つの塩基物質、A,T、C、Gが作り出しています。

生命は種が成長して、芽をだします。そして、花を咲かせ、実を実らせる4つの経過をたどります。

方向は前後左右の4つ。

また、東西南北の4つ。

季節は冬春夏秋の4つの変化で一年を繰り返します。。

人生も幼年期、青春期、壮年期、老年期。

物語は起承転結の4つ

内燃機関は吸気、圧縮、爆発、排気の4つの工程をたどります。

性別も2つに見えますが、実は4つあるのです。女、お鍋、お釜、男。

お釈迦様はこの世の苦しみは4つあると語りました。生きる苦しみ、病気の苦しみ、老いる苦しみ、死ぬ苦しみ。

水の状態も氷、凝固点、沸点、水蒸気。

時間も過去、現在、未来と3つに見えますが、現在の時間は未来が現在になりつつある点、時間が現在から過去へなりつつある点と考えると4つに区分されます。
[PR]

by masashirou | 2011-08-28 11:06