2011年 08月 18日 ( 1 )

 

泊原発を推進した知事のリコールの動きが始まる!

泊原発が正式に再稼働がきまり、停止中の原発の再稼働に向けて、電力会社が動き始めた。

ちなみに、北海道知事は経産省出身のエリート女性官僚である。大きな禍根を残す決定である。

昨日の毎日新聞の報道ではベントに関するマニュアルがなく、ベントする事が遅れ、東京本社から取り寄せた部品が10キロ離れたJビレッジに輸送されたとの調査結果が明らかになった。マーク1型の原発は設計者から、「経済効率を考慮しすぎて、格納容器が10分の一までに小型化された」という指摘がされていた。

その結果水素がメルトダウンで発生した時に出る水素が容量の小さい格納容器では対処でいないので、後でベント配管は追加された。

このベントマニュアルが東電は無かったというからリスク管理以前の人為的ミスである。
泊原発の再稼働は経産省として各地の原発の再稼働に向けての最大の関門であった。

今日のテレビ報道では東京管内、関西管内の盆明けの電力は90%だという。

東京管内では1000万キロワットのオーバー推測であった。

資料1)朝日新聞記事
全国的に猛暑日となった18日、37年ぶりに「電力使用制限令」が発動された東京電力管内の最大使用電力が、午後2時台に4936万キロワットに達し、今夏の最高を更新した。ただ、供給力に対する電力使用率は90%にとどまった。政府が全国的に節電を要請した今夏だが、19日には暑さもやわらぐ見通し。節電の夏も終わりが近づいている。

 東電管内の最高気温は、都心でも36.1度を記録する猛烈な暑さとなった。電力需要は午前10時台に前日の最大電力を超えた。使用率が90%に達したのは、7月以降初めてだが、まだ供給には余裕があった。ほかの電力各社の使用率も73~92%にとどまった。



なんとしても電力不足という事にしなければ原発の再稼働が出来ないという焦りが見える。

北海道の主婦たちがこの知事のリコール運動を開始した。
[PR]

by masashirou | 2011-08-18 11:14