2011年 06月 29日 ( 5 )

 

九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田発電所」

太陽電池メーカー、「ギガワット;100万KW競争」に突入  :日本経済新聞

世界で太陽光発電システムの需要が拡大している。米国の調査会社Solarbuzz社の発表によると、発電能力に換算した2010年の世界需要は、前年比で倍増の15.2GW(ギガワット)(1億5200万KW)に達する見通しだ。同様に日本国内の市場も拡大している。太陽光発電協会(JPEA)によると、2010年上半期(1月~6月)の日本市場向け販売量は、前年同期比で約2.6倍の410MW(メガワット;41万 kw)に達した。

日本の利用可能資源量1億KW〜2億KW。潜在資源量はなんと、80億KW


メガソーラー大牟田発電所について

ソフトバンクの孫社長が打ち出したメガソーラー電田プロジェクトは、休耕田の10%にメガソーラー太陽光発電所を作ろうという壮大な計画である。

参考資料;孫正義社長、今度は太陽光発電所建設を計画
2011年05月23日
[ 中央日報]

孫正義(ソン・ジョンウィ、日本名そん・まさよし)ソフトバンク社長(53)。 東日本大震災後に私財100億円を義援金として出した孫正義(ソン・ジョンウィ、日本名そん・まさよし)ソフトバンク社長が今度は原子力発電所に代わる太陽光発電所の建設を積極的に進めることにした。

日本のメディアは22日、「孫社長が日本全域に大規模太陽光発電所を10カ所程度建設することを検討している。福島第一原発事故後、日本は今後“脱原子力”が必須という判断に従ったとみられる」と報道した。

東日本大震災と津波で原子力発電所の安全性が問題として浮び上がる中、孫社長は被害を受けた東北地方の太平洋沿岸に多数の太陽光発電所を設置する「東日本ソーラーベルト構想」を提示している。

孫社長はまず埼玉県から建設に出る計画だ。これと関連し、埼玉県の上田清司知事は21日、「ソフトバンクが79億円、埼玉県が1億円を出し、埼玉県内50ヘクタールの敷地に事業費80億円規模で大型太陽光発電所を建設する方針」と話した。25日に正式発表する計画で、発電能力は2万キロワット以上になる見通しだ。

孫社長はまた、大阪など関西地域にも太陽光発電所を広めていく方針で、関連自治体首長らとの協議を具体化している。孫社長の「脱原子力」の主張に同調する橋下徹大阪府知事と手を組んで「大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設構想」を具体化する。

まず26日中に大阪を含めた7つの広域地方自治体による「関西広域連合」とエネルギー政策協議を始める。1施設当たり1万~5万キロワットの太陽光発電所を建設する方針で、これに必要とされる800億円の事業費はソフトバンクが大部分を投資し、自治体も一部負担する形態になる見通しだ。10カ所の太陽光発電所のうち1カ所は孫社長の故郷の佐賀県になると伝えられた。

菅直人首相は14日夜に孫社長と2時間45分にわたり日本の今後のエネルギー政策、太陽光エネルギーの推進ロードマップについて意見を交わした。菅首相は孫社長との歓談後、「(孫社長から)ものすごい力をもらった」として太陽光エネルギーの導入に強い意欲を見せた。

日本の政界では、「孫社長が東日本大地震後に私財100億円を出すかと思えば、あらゆる政策事案に対しツイッターを通じて世論を作っていく“新政治”を見せている。菅首相も日本国内の若者たちの偶像として浮上した孫社長の力を最大限活用するウィン・ウィンの関係を作っている」と分析している。
以上。



九州は日本でも太陽光の豊かなアイランドである。

事実民家の屋根に設置する家庭用太陽光の普及率は全国のベストスリーが佐賀県、一位、熊本県2位。宮崎県3位である。全国平均の2倍の普及率を誇る。

参考;
 09年度の1位は佐賀の4.45%で8年連続全国1位。2位が熊本家の4.31%、3位は宮崎の4.29%。です。

九州は日照量が多いなど発電に有利な条件があり、トップ10に6県が入っている。

新エネルギー開発では、遅れをとる福岡県の大牟田に初めてのメガソーラー発電所が出来たことは県民として誇らしいことである。



メガソーラー大牟田発電所は、かつて石炭産業を中心に発展した大牟田の港火力発電所跡地を活用し、九州初の大規模太陽光発電所として平成22年11月営業運転を開始しました。

九州電力:メガソーラー施設着工 
◇「親しまれる発電所に」
九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田発電所」をあさって空から撮影する。九州最大の太陽光発電所である。石炭から太陽光発電への再生が始まる。


工事の着工の時のニュース記事
 九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田発電所」が15日、大牟田市新港町の九電港発電所跡地で着工した。九電の太陽光発電所建設は初めてで、関係者ら約40人が参加し安全祈願祭をした。
 発電所は、ヤフードームとほぼ同じ面積の敷地約8万平方メートルに、太陽光発電パネル1万4000枚を設置する。発電出力は3000キロワットで、年間発電量は約320万キロワット。一般家庭2200世帯が昼間利用する電力量に相当し、CO2(二酸化炭素)排出量では約1200トンの抑制効果があるという。総事業費は約20億円を見込む。
 九電は、地球温暖化問題への対応や国産エネルギー活用の観点から、新エネルギーによる発電の導入を進めており、17年度に太陽光による発電量を100万キロワットに拡大することを目指している。
 安全祈願祭に出席した瓜生道明常務は「再生可能なエネルギーの活用に力を入れており、それを推進していく起爆剤と考えている。地域に親しまれる発電所にしたい」と話していた。
 古賀道雄市長は「新エネルギーを推進する施設として、高い評価が得られるよう、市としても力を入れていく。一日も早い完成を期待している」と述べた。

太陽エネルギーから見た資源量

太陽光のエネルギーは薄く広く分布するが、地球全体では膨大な量となる。太陽から地球全体に照射されている光エネルギーは、ワット数にして約180PW(P=ペタ=10の15乗)である。そのうち、地上で実際に利用可能な量は約1PWといわれる。

これは現在の人類のエネルギー消費量の約50倍である。

またゴビ砂漠の半分に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られる。

設置場所における年間の日射量は緯度や気候によって異なる。


日本では約1200kWh/m2である。

欧州では中部で約1000kWh/m2、南部で約1700kWh/m2である。

また赤道付近の国々では最大約2600kWh/m2に達する。


太陽光発電システムの生産に必要な原料も基本的に豊富であり、少なくとも2050年頃までに予測される需要は十分に満たせるとされる。

シリコンを用いる太陽電池では、資源量は事実上無限とされる。またシリコンを用いない太陽電池についてはインジウムなどの資源が将来的に制約になる可能性があるが、技術的に使用量を節約することで2050年以降も利用可能ではないかと見られている。

太陽電池は、種類により下記のような原料をその半導体層(pn接合部分周辺)に用いる。
結晶シリコン太陽電池…シリコン(結晶シリコン)
薄膜シリコン太陽電池…シリコン(シランガス)
CIS系太陽電池…銅、インジウム、ガリウム、セレン、硫黄など
CdTe太陽電池…カドミウム、テルル
III-V族太陽電池…ガリウム、砒素、リン、ゲルマニウムなど
色素増感太陽電池、有機薄膜太陽電池…有機色素、チタンなど
このほか、電極に銀やインジウムを用いる場合がある。


現在の市場の主流は結晶シリコン太陽電池である。シリコン(ケイ素)の主要原料である二酸化ケイ素(シリカ)の資源量は事実上無限であり、全世界の需要を今後も長期に亘って満たせる資源量がある。

砂漠に設置された大規模太陽光発電所(米国)


建物一体型の太陽光発電(BIPV)システム(スペイン)


一般家庭の屋根に載せた太陽光発電システム(米国)


パーキングメーターでの利用例(米国)

太陽光発電モジュール(パネル)は壁、屋根、採光窓、地上など様々な場所に設置可能である。
また近年は軽量で柔軟なフレキシブル型太陽電池も開発されており、取り付けの自由度が高まっている。


日本における資源量

太陽光発電は集中型発電所などに比べれば比較的大きな設置面積を必要とする。しかし設置する場所に対する制約が少ないことから、国土の比較的狭い日本においても、下記のように電力需要よりも遙かに多い量が設置できるだけの場所があるとされる。このため導入量は設置可能な面積ではなく、電力供給の構成上の観点から決まるとされる。日本国内で導入可能な量は、下記のように見積もられている。

日本における太陽光発電の設置可能量

設置場所    標準ケース        技術開発前倒しのケース      潜在量
戸建て住宅   45 GWp(ギガワットピーク)   53 GWp(5300万KW)  101 GWp

集合住宅     17 GWp 22 GWp  106 GWp

公共施設     10 GWp 14 GWp   14 GWp

大型産業施設    10 GWp   53 GWp     291 GWp

その他(未利用地における水素製造などを含む)19 GWp   60 GWp     7473 GWp

合計  102 GWp (1億200万KW ;原発102基 )    202 GWp     7984 GWp

日本国内の標準的な環境においては、設備量1kWpあたりの発電量は約1000kWh/年である。

100GWpの設備量の年間発電量は約100TWhとなり、日本の年間総発電量(約1064TWh)の約10%となる。太陽光発電の導入により、昼間のピーク電力需要の緩和と、火力発電に由来する温暖化ガスの排出量削減が期待されている。


2004年にNEDOの示したロードマップにおいては、2030年までに100GWpの導入を目標としてい
2009年11月からの新たな買取制度[19]に於いては2020年までに2005年の20倍(29GWp)の導入目標が掲げられている。

世界的に見ると、日本における平均年間日照量は最も日照の多い地域の半分程度である。米国の平均とほぼ同等であり、また導入量世界一のドイツよりは多い。国内で見ると、冬期に晴天が少なく積雪の多い日本海側では日照量・発電量が少なく、太平洋側で多くなる。



宮崎・国富に世界最大級の太陽電池工場 
ソーラーフロンティア:宮崎・国富に世界最大級の太陽電池工場 900メガワット生産へ


7月から本格稼働するソーラーフロンティア国富工場
 ソーラーフロンティア(東京都港区)は10日、宮崎県国富町で7月フル操業を予定している太陽電池製造工場を報道陣に公開した。県内3カ所目となる同工場は、東京ドームの約8.6倍に当たる約40万平方メートルの敷地面積で建物面積は15万8000平方メートルで、年間900メガワットの電池が生産可能となる世界最大級の太陽電池製造工場という。

 国富工場は11年2月から段階的に稼働を開始。東京ドームの約8.6倍に当たる約40万平方メートルの敷地面積で建物面積は15万8000平方メートル。従業員数は約800人で、製造装置の大型化、生産工程の自動化やモジュール面積の大型化で生産効率が高いCIS薄膜太陽電池の生産を実現し、日本だけではなくドイツ、米国を拠点に太陽電池を世界中に販売していく。

 同社は、昭和シェル石油の100%子会社で、07年から宮崎市に、第1工場で20メガワット、第2工場で60メガワットを生産しているが、国富工場では装置の大型化・自動化やモジュール面積の大型化を実現、フル稼働で住宅約30万世帯分・原子力発電所約1基分に相当する900メガワットの生産が可能で、3工場合わせて約1000メガワットの生産を予定している。

 製造されるのは、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)の化合物からなるCIS薄膜太陽電池。朝夕の波長の長い光を取り入れやすく、太陽光に光を当てると実際の出力が定格出力を上回り、影に強い回路構成という3点が大きな特徴という。現在主流の結晶シリコン系太陽電池に比べ、年間発電量が約8%も上回る実績が報告されており、吉田博工場長は「太陽を浴びると元気になる」と語り、まだまだ研究開発の余地は十分にあり、量産規模の拡大でコストダウンも予想できることから次世代型の太陽電池としての可能性が期待されているという。

 同社の3工場がある宮崎県は、日照時間・快晴日数とも全国3位という恵まれた環境で、国内でも太陽光発電システムの普及に特に力を入れ、太陽光発電普及率も全国2位を誇る。県は「太陽と緑の国  みやざき」をスローガンに09年3月に「みやざきソーラーフロンティア構想」を打ち立て、宮崎大学などと産官学一体となった太陽光発電推進事業に取り組み、太陽光発電のモデル地区としても注目を集めている。

 東日本大震災による福島原発事故以降、原発に代わる発電への関心が高まる中、太陽電池についての問い合わせは増えているといい、吉田工場長も「東日本が(大震災で)元気がない状態なので、太陽電池を生産することで西日本から元気を発信したい」と意気込みを語っている。(毎日新聞デジタル)

日本に導入できる設備量は、潜在的に設置できる量だけで言うならば、日本の年間の電力需要量の数倍を発電できるほどの量が国内に置けます。

従って太陽光発電の現実的な導入量は、面積よりも、電力需要との整合性やコストで決まるものと考えられます。太陽光発電の場合、昼間のピーク部分(ピークロード)の供給に用いるのが最も経済的と考えられます。日本のピークロードを賄うのに必要な設備量は、100~200GWp前後と考えられています。

たとえばこのうち50GWp分の設備を導入した場合、エネルギー供給面からは下記のような効果が期待できます。

・日本の年間電力需要量に対しては、約5%を供給できます。

・晴れた日なら、正午頃のピーク電力需要の最大約2~4割を供給できます。さらに他の発電所や送電網の負荷を減らし、全体的に送電損失を減らす(実質的に電力供給量を増やす)効果も期待できます。
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 16:41  

長島風力発電所5万キロワットの風力発電所

鶴が舞う町、鹿児島県出水の長島風力発電所を空から見る撮影にあさって出かける。5万キロワットというから驚いた。風力の開発可能の電力は膨大なものである。山の尾根沿いに設置された風車は壮観である。スペインの風力発電所に比べても遜色が無い。また、海上風力発電は安定的な風が吹く。山の尾根や洋上の風力発電に日本は海岸線が長いので期待される自然再生可能なエネルギーである。

基礎情報;日本の風力発電
資源量 [編集]

風力発電は、開発可能な量だけで人類の電力需要を充分に賄える資源量があるとされる。日本では電力需要の35GW(ギガ・ワット)=3500万キロワット程度(原発35基ぶん)の資源量が開発可能であると推定されている[1]。
世界全体で実際に発電可能な量の見積もりは文献により異なるが、一説では年間約498000TWh(テラワット時)が発電可能とされる[4]。これは世界全体の電力需要量(14TW)の約4倍に相当する。日本では風況が悪く風力発電に向かないという意見が存在したが、実際には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による風況調査などで設置有望地域が多く存在する可能性が示されている[5][1]。日本での陸上での導入量としては、2030年までに20GW、2050年までに25GWなどの導入シナリオが提示されている[1]。さらに洋上(オフショア)発電まで考慮すれば、合計81GW程度まで利用可能と言われる[1]。

1) 風力発電導入の推移
 我が国では、1997年末に閣議決定された「新エネルギー導入大綱」の風力発電の目標値(2000年度に20MW)に対して、2001年3月には143.6MWとなり大幅に目標をクリアーしました。さらに、北海道や東北地方などで大規模なウインドファームの建設が進められており、経済産業省の総合資源エネルギー調査会「新エネルギー部会報告書」(平成13年6月)のわが国における新エネルギー供給目標(表3)では、2010年の目標を300MWから3,000MWに目標を修正しました。 

 この急進展の引き金になったのは、1995年にスタートした「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が実施した「風力発電フィールドテスト事業」による補充制度の効果でありまして、この制度の採択地点も年々増加しています。また、1998年2月から始まった新エネルギー導入促進対策補助金制度(1500kW以上)などがさらに効果を高くしています。  

     わが国における新エネルギー供給目標

2)日本の導入可能量
 日本では好風況地域が少なく、風力発電が普及しないと考えられてきました。この原因は風況データについての十分な情報が少なく、風況マップでの賦存量算定などが十分に市民権を持っていなかったことがあげられています。

 今回、上方修正された300万kWの目標値は、従来の風況マップによるもので、ある程度の信憑性はありますが、今後はなお詳細な風況を精査したうえ、風力発電の経済性・技術の進歩も考慮した実際的な導入可能量を算定しなければならないと考えています。
 これは、陸上部のみでの値であり沿岸部海上(オフショアー)を考えた場合には、この数10倍以上の建設が可能と思われます。

2010年現在、ヨーロッパ各地に39の洋上風力発電所があり、あわせて2,396 MWの供給能力がある。100GW以上のプロジェクトがヨーロッパで進行中である。European Wind Energy Associationは目標を2020年に40GW、2030年に150GWとしている[1]。
2010年11月現在、300MWの発電能力があるイギリスのThanet Offshore Wind Projectが世界最大の洋上風力発電所である。デンマークのHorns Rev|Horns Rev II(209 MW)がそれに続く。

洋上風力発電のランキング
発電所出力 (MW)国メーカーと型番稼動年参照
Thanet300 イギリス100 × ヴェスタス V90-3MW2010[13][14]
Horns Rev II209 デンマーク91 ×シーメンス 2.3-932009[15]
Rødsand II207 デンマーク90 × シーメンス 2.3-932010[16]
Lynn and Inner Dowsing194 イギリス54 × シーメンス 3.6-1072008[17][18][19][20]
Robin Rigg (Solway Firth)180 イギリス60 × シーメンス2010[21][22]
Gunfleet Sands172 イギリス48 × シーメンス 3.6-1072010[22][23]
Nysted (Rødsand I)166 デンマーク72 × シーメンス 2.32003[17][24][25]
カナダのオンタリオ州は五大湖への洋上風力発電を推し進めている。その中には洋上20km、400MWのTrillium Power Wind 1も含まれる[26]。他にも太平洋上に洋上風力発電所を建設するプロジェクトもある[27]。
2010年の時点では、アメリカには洋上風力発電所は存在しない。しかし西海岸・五大湖・太平洋岸には洋上風力発電に適した土地があり、現在建設計画が進んでいる[1]。 





長島風力発電所
長島風力発電所(ながしまふうりょくはつでんしょ)は鹿児島県出水郡長島町にある風力発電所。



2008年(平成20年)6月までに全21基の据付・試運転を行い、同年10月に運転を開始した。


所在地:鹿児島県出水郡長島町川床
発電所名:長島風力発電所
発電事業会社:長島ウインドヒル株式会社(九州電力・九電工の共同出資会社)
発電機:三菱重工業 WMT92/2.4
発電量:一基当たり2,400kW
発電所出力:50,400kW
発電機数:21基
年間合計発電量:約 100,000,000kWh
年間二酸化炭素削減量:約40,000トン
工事着工年月:2005年(平成17年)10月
完成・運転開始年月:2008年(平成20年)10月
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 16:37  

水が世界の人類の利権構造を大変革する!

ブログをご覧になっている皆様にお願いします。







ぜひ、皆様のブログに以下のブログをコピーして多くの方にひろめてください。みんなが知れば経産省や東大の学者やマスコミも無視することができなくなります。人類史をかえるフリーエネルギーのこの大きな発明が世界中に広まります。今までは大きな権力者だけが世界を指導し、その利権の拡大のためにマスコミがうごく、そして、法規制と官僚と政治家が動いていました。中東の民主革命のように、我々が小さくてもみんなでこの情報を広く共有すれば、大きなうねりとなって日本の閉塞状態を打ち破ることができます。協力をお願いします。2011年2月におおまさガスとプロパンガスの混合気体で動く車を走らせました。既存の業界の力を得るために混合気体にしています。世界が今大きく変わるチャンスです。放射能物質を除去できるガスです。また、夜間の電力を効率よく安全に、しかも2倍のエネルギーにして蓄電できるガスです。本当のものはただです。このガスはただの雨水でも海水でも泥水でも燃料になるガスです。世界が変わります。韓国では国家レベルでこのガスに類似したブラウンガスを研究しています。このガスを放射性物質にあてて燃焼させると放射能が消滅する用途で使用されています。福島原発の高い放射性物質の除去に使用できます。おおまさガスが世界中のエネルギーを必要とする発展途上国に最大の贈り物が出来ます。日本は原発に毎年4500億円の補助金を出しています。その一部でもおおまさガスの原理解明と安全検証に使うべきだと思います。安定的に安全に製造できるシステムを世界で開示しているのは日本テクノだけです。ただ追試を権威のある他の機関でするだけで証明されます。皆様がこのブログをコピーしてこんな技術が有ることを認識していただくだけで、闇の世界で葬られる新エネルギーの多くの発明が世に出ます。来月から東北電力の秋田県能代火力発電所で今まで無いと言われた大型蓄電装置8万キロワットの建設が始まります。来年1月に稼働します。

この蓄電装置もマスコミは無いというキャンペーンをしていました。素晴らしい技術も既存の原発村や新たに出来た水素村の既得権益者により握りつぶされます。今までテレビでコメントするエネルギー専門家が「電力は蓄電できないのです」というコメントが嘘であることが明らかになった。
8万キロワットの蓄電施設を東北電力の秋田能代火力発電所に7月から設置する工事に入った!完成は来年1月だという。今まで、大容量蓄電池は、この世には存在しないと言っていた電力会社やマスコミは今まで嘘を言っていたことになる。それも日本の会社に日本ガイシとなんと、東京電力の技術で開発されていたのだ。すでに、2009年からこの日本製の高性能、なんと、エネルギー密度が従来の3~5倍になるなどの大容量蓄電池は欧米や中近東では広くつかわれている。蓄電池ができないから原発を作らないと昼間のピークロードに対応できないという嘘のキャンペーンに国民はだまされいたわけだ。今まで原発村の利権に取り込まれた政治家やマスコミや文化人、学者など電気は蓄電できないという洗脳がこれで破綻した。新聞には小さくしか報道されていないテレビでは全く報道されていない。これほど大きなニュースは無いはずなのに!いったん動かすと容易には停止できない原発向けの莫大な費用がかかる揚水発電よりも発電所内で蓄電できる蓄電池システムの方がいいはずだ。
太陽熱や太陽光発電は夜間使えないからだめだという原発村に組する文化人が様ざまなメディアで語っていたが、これで昼間しか発電できない太陽光発電も家庭用の蓄電池が普及すれば、人々は電力会社から独立して昼も夜も電力を使えることができる。こんな衝撃的なニュースをテレビは黙殺しているのが不思議である。海外から日本ガイシに蓄電池の発注が相次いでいる。株価は高騰しています。なんで、日本政府は原発に変わる電力について黙殺するのか?
これは新しい成長戦略として経済成長を復活させる偉大なブレークスルーである。
原発村の原発村のためのエネルギー政策をこの機会にかえることができるのは国民がエネルギー政策に興味を持ち続けて、発言することだと思う。
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 10:56  

老子から悩めるあなたへのメッセージ

最後に、皆様がいつか、人生において、様々な困難に遭遇された時、迷われ、苦しまれているあなたのそばに老子がそっと現れ、あなたを励まし、慰め、勇気を与えてくれると信じます。ここで8つの老子の知恵をお話しします。

1)「足るを知る、生きているだけで奇蹟である。健康であるだけでも有り難いことだ」

2)「無用の用、この世に無駄なものない。失敗したと思えることも、いつかその失敗が役に立つ時があると強く信じて、くよくよといつまでも失敗にとらわれない。前進しよう」

3)「水の思想。上善は水の如し、水のように常に低いところを求めて流れよう。自分を一番低い所に置き、謙虚に、他者に無償の恵みをあたえて生きよう。水のように自分の魂は再生する。死は生まれた故郷に戻る旅である。死を恐れず、死を求めず。人間に、そして、地球に生まれた、奇蹟とも言える一瞬の短い生を楽しもう」

4)「道の知恵、偉大な何かが自分の中に存在し、他者とは、深いところで繋がっている。情けは人の為ならず」
5)「谷の知恵、欠点こそ武器である、オンリーワンである自分に誇りを持ち、他人との比較はよそう」
6)「人間すべて塞翁が馬、禍福あざなえる縄のごとし。不幸は次の幸福の種になるにちがいない。不幸な状況にとらわれてくよくよしない」

7)「無為自然の知恵、困難な状況では、じたばたしない。運を天に任せていれば道は開ける。朝の来ない夜はない、どんな豪雨もいつかは止む。じーっと待っていればなんとかなる。全ての人生の設計者は自分である。必ず解決の道はある」

8)「天網恢々疎にして漏らさず。お天道様だけがすべてを見ている。自分を攻撃したり、自分を不幸に陥れた人を憎むのは止めよう。天が自分の代わりに罰を与えるに違いないことを信じよう。許すことは出来なくても、タダでいただいた心の畑は、いろんな種を育てることができるという。出来れば、恨みの種を育てないようにしよう。自分は天に恥じない人生を送ろう。いつも自分は試されている。それでも人を許せるか?それは試練である。そうだ、人を許そう。それは自分の為であるはずだ」

そして、庶民の古い知恵、いろは歌留多には、老子の哲学が語り継がれています。たとえば、老子的な日本人の知恵の言葉「負けるが勝ち」「塵もつもれば山となる」「勝って兜の緒を締めよ」「楽あれば苦あり」「急がば回れ」「論より証拠」「長いものにはまかれろ」「油断大敵」「損して得取れ」「破れ鍋に綴じ蓋」「笑う門には福が来る」「一寸の虫にも五分の魂」「花より団子」「老いては子に従え」「犬も歩けば棒に当たる」「縁の下の力持ち」など。日本の庶民はこうして老子の智慧を伝承してきたのです。


「有り難う」という言葉がすべての困難のとてつもなく高い壁を乗り越えるキーワードです。
一日10回以上、自然や自分や人に対しても口に出して言おう。
朝陽に感謝ありがとう。夕陽に感謝ありがとう。
今日無事に生きたことに感謝ありがとう。
朝、目が覚めたら感謝ありがとう。

偉大なサムシンググレート、根源の存在「道」に感謝ありがとう!

それらの言葉の中に、困難に立ち向かうヒントが有ると信じます。

最後に、素晴らしい老子的な英語の詩を見つけました。少し老子的に意訳をしてご紹介します。
アメリカのニューヨークのリハビリテーションの壁に描いてあった言葉です。

「私は、大きなことを成し遂げるために力を与えて欲しいと老子に願ったのに、謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。私は、より偉大な事が出来るようにと老子に健康を願ったのに、より良きことが理解出来るようにと病弱を授かった。私は、幸福になろうと多くの富を老子に求めたのに、老子は私が賢明であるようにと貧困を授かった。私は、世の中の人々から多くの賞賛を得ようと、老子に成功を願った。しかし、得意にならないようにと多くの失敗を授かった。私は、人生を享楽しようと、あらゆる物財を求めたのに、あらゆるものを喜べるようにと「知足」の智慧を授かった。老子は私が求めたものをひとつとして授けてはくれなかった。しかし、人生が終わろうとしている今、老子は私の願いを全て聞き届けられたのだと思う。確かに、私が人生で手にしたものは、私が願ったものと全てが違っていた。
しかし、私が心の奥底で願ったものを全て老子は叶えてくださったのだ。
私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福された人生を手にした」


足跡の奇跡
老子を信奉する男が今まさに、あの世に旅たとうとしていた。
男の魂は老衰した肉体を離れ、天空の光の中にいた。
天空から自分の歩んだ人生の道を眺めていた。
男が歩いた人生の道には、二つの足跡が残されていた。
男はもう一つの足跡が老子の足跡だと即座にわかった。
長い人生のほとんどが自分は老子と共に暮らしたのは間違いなかった。
男は自分の人生で、最も苦しく悩んだ時だけ私の足跡がひとつになっているのを見つけた。
男は老子に尋ねた。
「老子さま何故私が最も苦しんだ時私を一人にしたのですか?」
老子は男に慈愛に溢れた声で答えた。
「そのひとつの足跡は、お前の足跡では無い。私がお前を背負って歩いたのだ」
ひとつの足跡は老子の足跡だった。
男の顔に涙が溢れた。
男の魂はあの世に吸い込まれるように消えていった・・・・・。

素晴らしい出会いや困難や幸福に充ち満ちた人生の道を歩まれてください。老子があなたの人生の同行者としてあなたを支えてくれると思います。
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 10:20  

人間は不死不老の生命体でした。

もう一度申し上げますが、人間は不死不老の生命体でした。人間の細胞は自ら好んで、死を受け入れ、有限な人生こそ最大の楽しみ、それは異性と出会い、と進化する子孫というベニフィットを手にしたのです。

忘れたかもしれませんが、137億年前に宇宙が突然ビックバン。地球が四十六億年前に誕生し、八億年の月日が流れ、三十八億年前に地球に生命が出現しました。その生命に死の遺伝子が組み込まれたのは12億年前それまでは単細胞の、例えばゾウリムシなどのように、生命体は細胞分裂を行いながら増殖する生命体でした。その細胞の中には死ぬという遺伝子は存在しませんでした。つまり、死は我々自身が選択したのです。


環境が許せば永遠に細胞分裂を繰り返しながら生きられる死を知らない生命体だったのです。20億年前に雄と雌の二つに命が分裂して、性交により、二つの生命体が遺伝子を組み合わせて、新しい生命を創造するシステムが誕生し、進化するシステムが確立したのです。

人間に最大の快楽を与えるセックスと生命の進化のシステムの二つの特典と引き替えに、私たちの生命体の中に、『死』の遺伝子が組み込まれました。宇宙の原理は、このように幸いなるものと不幸なるものを同時に人間に与えるのです。生きるというのは、絶えず何かが死んでいるのです。つまり、死は生の一部であり、極言すれば、生は死そのものなのです。

驚くことに、これはすべてのミクロ原子の世界からマクロの宇宙の世界まで同じ原理が貫いて存在します。星の誕生を司る『ホワイトホール』が、星を飲み込む死を司る『ブラックホール』に繋がっているように、同じシステムが存在しています。地球に人間が存在し、その人間が生きるために、膨大な死がその存在を支えています。


 人間が生きる上で、ほかの生き物の命を殺生して自分の命を育む宿命を持っています。
 私たちが食事の前に神に祈る感謝の言葉は、人間に食べられ生命を落とす植物、動物たちに、『死』が『生』を相互補完するシステムの中の不可避なこととはいえ、有難うという心、感謝する心を込めて、口にする祈りの言葉なのです。


 この世界には、二種類の人間が存在しています。常に自分に無いもの、足りないものを数えて生きる人間と、常に自分に有るものを数えて生きる人間です。『有難う』という言葉を素直に言える人間は、後者の人間です。彼らはいつも『幸福』になれますが、前者のいつも自分に無いものばかりを考える人間は、人生に一度だって幸福を感じることができないのです。そういう人間も、年をとり、老いて死んでいきます。古い世代が死ぬことで、若い次の世代の人間の生を輝かせることができます。

こうして、生と死はさまざまなところで深く繋がっているのです。私はいつも自分に言い聞かせています。『お前はそのような多くの生命を犠牲にして生きている。この世で、人間が犯す最も残酷な行為とは、食べ物を残すこと、そして、多くの食べ物により支えられている、自分の命を粗末にすることなのです。だから、今、生きていることを楽しみなさい。それが命を捧げてくれた食べ物に対する最低限の義務です。
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 10:13