2010年 09月 20日 ( 2 )

 

大助君の詩

山元加津子さんの「四分の一の奇跡、それは本当の事だから」というドキュメント映画を見ました。
大助君という脳に重大な障害を抱える少年の詩を見てたくさんの涙があふれ出ました。
その詩は
「葉っぱだって、石ころだって、そこにあるだけで心を動かす力がある。
それが「ある」ってゆうことなんかな?

僕だってそこに「ある」

「有る」ものはみんなたいせつなんや。

僕が生まれたのには、理由がある。

生まれるってことにはみんな理由がある。
[PR]

by masashirou | 2010-09-20 20:44  

最高視聴率14.5パーセントを感謝します

4月から水曜日7時に引っ越ししてから、6ヶ月が無事に過ぎました。平均視聴率も二桁をクリアしました。有り難うございます。
今期最後の番組も同時間帯第1位の最高視聴率14.5パーセントを感謝します。ありがとうございます。高田課長の街ぶら32回目は紫川が流れる南小倉駅界隈散歩でした。明るく清らかな紫川のような人たちが住む素敵な街でした。幼稚園児とご近所の老人たちが一緒に世代を超えて遊んでいました。人の交流を川の流れに例えると、蛇行して流れる川には川に砂や泥が堆積していきますが、まっすぐな川には砂や泥は堆積しませんね。それと同じように水平方向の同じ世代の交流は心地よい緩い流れで気持ち良いのですが、長くその心地よさに浸っていると、心が淀んでいくのです。世代を超えてこの町の方々のように人が交流すると、心が清くなっていくのです。来期もこの紫川のように
「探検!九州」は世代間を超えて心を清らかにするローカル番組を目指して皆様と楽しんで行きたいと思います。又、元気でお会いしましょう。
[PR]

by masashirou | 2010-09-20 09:40