日本経済の今後

今後の日本経済
2020年までの6年間にアジアの中間層の人口が5億人から3*5倍の17億人になる。

2020年の東京オリンピックまでオリンピック開催の為にという国家的な大義があり、様々な分野で規制が特別区において改革が遂行される。オリンピック開催日まで、50年ぶりの歴史的国際イベントが、日本経済に不可能だとされた岩盤規制の数々に1000本の穴を開けることを可能にする。それが21世紀型の先進国の必要とする革新的な産業を創出する。

2020年まで安倍内閣が長期安定政権が継続する可能性が今回の総選挙で国民的信任を得られたので、財務省や官僚と結び付いた既得権益を守り、改革を阻止する自民党内の勢力をおさえこむ事に成功した。

この3つの日本経済を後押しする外的、内的要因がうまく連携できる政策を次々と安倍内閣が打ち出すことが出来れば、今後の日本経済は不況なき経済発展を成し遂げることが可能である。



[PR]

by masashirou | 2014-12-18 15:38  

<< 潜在意識の力を、 SOFTBANKの孫正義さんが... >>