国際的な結婚詐欺の記事

最近Facebookから知り合う外国人に結婚詐欺に引っ掛かる日本女性が増加している。





: dr.Ferdinand Randy - Tiffany
E-mail 2011/12/11 (Sun) 21:11:18
私は、今春MySpaceを通じてコンタクトを始め、愚かにもチャットを始めて間もなかったのに、浮かれて20000USD(当時のレートで160万)を数回に分けて送ってしまいました。
初めての外人とのチャットで、嘘っぽいプロフィールやシチュエーションも気づいていながら送金しようと決めたのは自分だから、自分で尻拭いと思って、以後反省と借金返済の日々です。

送った金を受け取った場所がマレーシアKL市内と判明したので、現地に住む友人を通じて、チャットウインドウに映った相手の顔写真や送らせたアメリカ赤十字とやらの偽ID・録音した電話のやり取りなどを添付して、現地警察に届けました。
その友人がたまに警察に確認に行ってくれていますが、捜査が進行している様子ではないのですが、接点を断って半年以上経った9月に、ロシアのフリーアドレスから、CIAを装って「Ferdinand Randyは結婚詐欺であることが分かったから、必要書類を送るように」だの意味不明なメールを送ってきたり、様子をうかがってるのか、11月末にも電話もかかってきましたが、すでに着信拒否してます。

現地友人の話では、マレーシアに留学名義で入国しているナイジェリア人学生がシンジケートを組んで詐欺行為を行っているようで、先月もナイジェリア人学生が20人くらい逮捕されたようです。このような被害が日本よりも大きなニュースとして扱われるようですし、似たような事例は多いそうです。それだけでなく、マレーシアでは詐欺被害を公表し、大けがをしても、自分で闘って金を取り返した強い女性もいるそうです。

実際、在マレーシア日本大使館のホームページにも、このような詐欺被害に対する警告が掲載されていますし、私がネットで探した範囲では、似たようなストーリーで被害に遭っているのは、日本人女性のみならず、マレーシア・タイ・台湾・中国・フィリピンの女性たちも。
CIAを名乗って送ってきたメールアドレスが、ロシアのフリーメールだったところからすると、もしかしたら男だけではなく、女としても装っている可能性があります。

いずれにせよ、Randyの名前で、MySpace・Facebook・その他でも登録と抹消を繰り返しているようです。今年の7月には、1ヶ月くらいFacebookにて登録が見受けられましたが、友達は全員30代以上の女性、日本では九州や西日本在住の高収入女性が多く友人になっていました。
[PR]

by masashirou | 2012-02-04 22:56  

<< 親コンを企画しました。 地熱発電の時代を創ろう >>