地熱発電の時代を創ろう

 
 
 地熱発電で
   持続可能な世界とする為に           
 
     
        
これはある国際的な団体の公式宣言です。感動しました。


東海村に初めて原子力の灯がとも
されてからまだ半世紀しか経って
いない。その間に、スリーマイル
ズ島、チェルノブイリ、そして福
島、で大事故が発生した。
原発が増え続け、この確率で事故
が発生し続ければ、地球上の生物
は、安全な食糧も水も失い、海も
汚染され、住むべき土地をも失い
、毎日、雨に怯え、風に怯える生
活を強いられる事となる。
原子力発電所の安全は、幾重にも
配備された安全の仕組みと、それ
を運転する人の完璧な操作によっ
て成り立っているにも拘わらず、
なぜ事故は発生するのか。最初の
事故は危険を示す計器の表示を、
作業者が信用しなかった事が原因
とされている。二番目の事故は停
止中の原子炉を使い実験を行い、
制御不能に陥った為、との事であ
る。いずれも脱原発の深刻な動き
に繋がらなかった。容易に再発防
止可能とされたのかも知れない。
しかし、福島の事故は本当の恐ろ
しさを我々に突き付けている。地
震と津波により全電源を喪失して
しまい、コントロール不能の中で
対応を誤った。という事なのだが
、この様なケースの事故は人が神
の様に動かなければ、避ける事が
できないのではないか、と言った
懸念をはっきりと我々に抱かせる
。今や世界中の人が「福島タイプ
の事故は避けられるのだろうか」
と疑問を持ち始めている。完璧な
設計、完璧な操作を、神ならぬ身
の、人に期待する事は無理ではな
いかと。これが最後ではない。次
の事故も、また100%の確率で発生
する事に皆が気づいたのである。
人は必ずミスをする故にである。
日本でも、原発のフェードアウト
に向かい進み始めた。原発の替り
に水力、地熱、太陽光、風力発電
を利用する。太陽光発電は、一般
市民が参加出来る発電であり、効
率は低いが数でカバーできる。
行政の支援により、一般家庭に普
及し貢献してくれる筈である。
逆に地熱発電は世界第三位の地熱
大国日本にとって極めて有望な高
効率な発電である。日本を資源大
国に変貌させてくれるかも知れな
い。しかし、日本の事だけを考え
ていても、問題は解決しない。原
発の安全はその所有国が確保しな
ければならないが、それを確保す
る方法が無い。従って世界は原発
の使用を、一致して止める決断を
しなければならない。
[PR]

by masashirou | 2012-02-04 16:57  

<< 国際的な結婚詐欺の記事 開運!老子哲学カフェ 201... >>