ゼロ0の時代のはじまり

本当の物はただの時代の始まり
次の時代のキーワードはゼロ、0、フリー、無、の時代。
あらゆる物だただに近づく時代が到来しつつある予感。
本当の物はゼロ。
ウィキぺディア、ヤフー、グーグル、グルールアース、ただです。
神様が与える物は全てただ。人間が貨幣価値をつけて売買している。ゼロ経済成長の時代が世界の先進国ではじまる。日本は20年間のゼロ、経済成長の先駆けの国だ。その国で次々とゼロの商品が生み出される。豊かさがゼロの価値を再認識させる。ゼロこそ究極の贅沢。
商品もアルコールフリー、0%のノンアルコールビールが売れている。コーラも砂糖フリーのコーラが発売され、カクテルもノンアルコール。お菓子もカロリーゼロの商品が売れる。
福岡の醬油ソムリエのいる醬油バー”福萬”から醬油ゼロが発売された。
塩を使用しないで醬油の発酵に成功した画期的な商品である。九州の誇る醸造界の革命的発明者のだ博士の発明品だ。13年前に特許を取得。今回民生用に開発された醬油アミノ酸うまみ調味量商品が『ゼロ』である。醬油にはうまみ成分の小麦や大豆由来のアミノ酸が含まれる。このアミノ酸の効用は8つある。アミノ酸は生命の基礎物質であるから生命現象の全てに効果がある。
1)コラーゲンに含まれるアミノ酸が肌に油分を与え皮膚に水分を保湿するように、美肌を作るように醤油に含まれるアミノ酸も美肌効果がある
2)細胞活性化効果
3)老化防止効果
4)消炎効果
5)血液サラサラ効果
6)血管を丈夫にする効果
7)脂肪を燃焼させダイエット効果
8)自然免疫力アップ効果、抗ガン効果
しかし、研究者の間で醤油のアミノ酸の効果が知られていても17%も含まれる塩分が多量の摂取を不可能にしていた。しかし、今回の製造特許では塩を使用せずに醤油が醸造できるので、醤油醸造のアミノ酸が必要量毎日摂取可能となった。
これは醤油業界の新しい幕開けである。毎日飲める醤油の登場だ。医薬品で売られているアミノ酸液が魚や豚などの動物由来で高価な商品であるのに対し、醤油から作られるアミノ酸は多量に低価格で製造できる。可能性があらゆる用途に広がると思われる。
[PR]

by masashirou | 2011-11-23 11:39  

<< 哲学カフェ 第17回「老子と褒... 老子的誉める技術講座 >>