放射能汚染の九州への拡大に反対しよう!

放射能汚染の東北各地や福島県の放射能汚染のがれきの最終処分地に北九州市が手を挙げた。全国に放射能汚染を拡大させる政府の方針が決められた。

なぜ全国に放射能汚染を拡大する方針が報道されないのか不思議である。

マスコミは報道しない。






資料①

2011年8月13日 (土)

迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない

放射能汚染がれきの全国拡散(意図的な流通)は順調に進むだろう。放射能対策に関しては政府も地方自治体も全く信用できない。

かかる事態の根本は、大変残念だが、「そんなバカな」と未だに政府や地方自治体を信じている人が大勢いるところにある。

もう拡散を止める事は出来ないと思う。すでに「拡散するかどうか」という問題ではない。「いつ・どこに拡散するか」という時期と地域だけの問題だ。

少しでも引き延ばし、時間を稼ぎ、被害を減らすという努力なら、まだいくらかできるかもしれない。私がこのブログでひたすら情報分析と情報発信を続けているのは、その一縷の希望があるからだ。

どうすればいいのか、本当にできるのかどうか、私には分からない。この問題は想像を絶するほど長期間に及ぶだろう。おそらく私の子供たちや孫の代では解決しない。

個人に出来る事には限界がある。しかし、出来る範囲の事を地道に続けて行きたいと思う。


以下、関連報道2件と関連記事:


(報道ここから)

細野大臣“最終処分は福島県外で”
8月13日 12時12分
細野原発事故担当大臣は、福島市で記者団に対し、放射性物質を帯びたがれきなどについて、一時的に福島県内の市町村で保管することになるものの、最終処分の場所は福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。
この中で細野原発事故担当大臣は、「数多くの課題があるなかでも、がれきの処理と除染に伴って出てくる新たな廃棄物の処理の問題が一番深刻だ。当面の方針としては、市町村ごとに仮置きをお願いできないかと考えており、その取り組みについては、政府としてきちんとバックアップしたい」と述べました。そのうえで、細野大臣は、「その先、中間貯蔵や最終処分については、政府として考え方を整理しており、いましばらく時間がかかる。ただ、福島を廃棄物の最終処分場にすべきではないと考えており、少なくとも私が関わっているかぎり、政府が責任を持って処理を行いたい」と述べ、放射性物質を帯びたがれきなどの最終処分の場所は、福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。
細野大臣“最終処分は福島県外で” NHKニュース(魚拓)


放射性焼却灰公表せず埋設
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、放射性物質が検出された汚泥などを焼却処分した灰を浜松市が一般に公表しないまま最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。国は公表するよう通知しており、市は11日夜記者会見し、「解釈を誤って公表していなかった」と述べました。
浜松市では市内の下水処理施設から出た汚泥の一部を一般のごみの処分施設で焼却していますが、市によりますと先月19日、この処分施設で汚泥などを焼却した後に出た灰について国の指示に基づいて放射性物質の検査をしたところ、1キロあたり282ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
国が6月にまとめた方針では1キロあたり8000ベクレル以下の汚泥などは埋め立て処分できるとしていますが国土交通省は放射性物質が検出されたものを埋め立て処分する場合は一般に公表するよう通知していました。
しかし、浜松市はこの灰を埋め立て処分することを公表しないまま浜松市西区にある最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。また、浜松市によりますと1日あたり10トンから40トンの灰が出ているということですが、7月19日のあとは放射性物質の検査をせずに埋め立て処分しているということです。
浜松市は11日夜、記者会見を開き「本来、公表が必要だが通知の解釈を誤ってしまって公表していなかった」と述べ、今後、ホームページで市民にも公表していく方針を示しました。
また、市は埋め立て処分場で放射性物質の検査を行う方向で検討することにしています。
08月13日 12時32分
放射性焼却灰公表せず埋設 - NHK静岡県のニュース(魚拓)
[PR]

by masashirou | 2011-08-26 23:22  

<< 第13回哲学カフェ「生命の不思... 地熱と洋上風力発電のニュース映像 >>