原発並み出力の太陽光 東大・シャープ、サウジで実験 100万キロワット級を砂漠で

いよいよ太陽熱発電の技術革新の波が日本にもやってきた。!
今まで隠されていた新エネルギー関連の技術が次第に世の中に出てきた!



原発並み出力の太陽光 東大・シャープ、サウジで実験
100万キロワット級を砂漠で
2011/7/9 16:04日本経済新聞 

 東京大学とシャープなどは独自開発の太陽光発電システムの大規模な実験をサウジアラビアの砂漠で実施する。日射量などを調べて実験地を決定し、年内にも開始する。5年後をメドに出力100万キロワット級の商用設備を現地に完成させ、原子力や火力に代わる主力エネルギー源を目指す。

 実験するのは太陽光をレンズで集める「集光型」と呼ぶ太陽光発電システム。東大とシャープは光を電気に変える変換効率が42%と世界最高レベルを想定している。
[PR]

by masashirou | 2011-07-09 20:42  

<< シャープ、太陽電池発電効率で世... なぜ、東北の復興に再生エネルギ... >>