原発が廃炉になったら放射性物質保管交付金が配られます。安心して!

原発事故は怖いけど、交付金が無いと村や市の財政が持たないと心配されている地方自治隊体の住民の方に朗報です。
青森の六ヶ所村はもう廃棄物を受け入れが出来ません。
もし今の原発を廃炉交付金や放射能物質保管交付金など新しい制度が作られます。
廃炉は30年間、保管は1万年間、おそらく国や電力会社など存在しない事も有りますが)毎年新しい交付金が村に振り込まれるでしょう。雇用は4000名。チェリノブイリ事故の場合25年経過した今も4000人の放射能拡散防止のための人員が必要です。
[PR]

by masashirou | 2011-07-07 00:48  

<< 東京の大手セリュリティ会社の講... 九州電力の世論偽装工作を謝罪の... >>