長島風力発電所5万キロワットの風力発電所

鶴が舞う町、鹿児島県出水の長島風力発電所を空から見る撮影にあさって出かける。5万キロワットというから驚いた。風力の開発可能の電力は膨大なものである。山の尾根沿いに設置された風車は壮観である。スペインの風力発電所に比べても遜色が無い。また、海上風力発電は安定的な風が吹く。山の尾根や洋上の風力発電に日本は海岸線が長いので期待される自然再生可能なエネルギーである。

基礎情報;日本の風力発電
資源量 [編集]

風力発電は、開発可能な量だけで人類の電力需要を充分に賄える資源量があるとされる。日本では電力需要の35GW(ギガ・ワット)=3500万キロワット程度(原発35基ぶん)の資源量が開発可能であると推定されている[1]。
世界全体で実際に発電可能な量の見積もりは文献により異なるが、一説では年間約498000TWh(テラワット時)が発電可能とされる[4]。これは世界全体の電力需要量(14TW)の約4倍に相当する。日本では風況が悪く風力発電に向かないという意見が存在したが、実際には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による風況調査などで設置有望地域が多く存在する可能性が示されている[5][1]。日本での陸上での導入量としては、2030年までに20GW、2050年までに25GWなどの導入シナリオが提示されている[1]。さらに洋上(オフショア)発電まで考慮すれば、合計81GW程度まで利用可能と言われる[1]。

1) 風力発電導入の推移
 我が国では、1997年末に閣議決定された「新エネルギー導入大綱」の風力発電の目標値(2000年度に20MW)に対して、2001年3月には143.6MWとなり大幅に目標をクリアーしました。さらに、北海道や東北地方などで大規模なウインドファームの建設が進められており、経済産業省の総合資源エネルギー調査会「新エネルギー部会報告書」(平成13年6月)のわが国における新エネルギー供給目標(表3)では、2010年の目標を300MWから3,000MWに目標を修正しました。 

 この急進展の引き金になったのは、1995年にスタートした「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が実施した「風力発電フィールドテスト事業」による補充制度の効果でありまして、この制度の採択地点も年々増加しています。また、1998年2月から始まった新エネルギー導入促進対策補助金制度(1500kW以上)などがさらに効果を高くしています。  

     わが国における新エネルギー供給目標

2)日本の導入可能量
 日本では好風況地域が少なく、風力発電が普及しないと考えられてきました。この原因は風況データについての十分な情報が少なく、風況マップでの賦存量算定などが十分に市民権を持っていなかったことがあげられています。

 今回、上方修正された300万kWの目標値は、従来の風況マップによるもので、ある程度の信憑性はありますが、今後はなお詳細な風況を精査したうえ、風力発電の経済性・技術の進歩も考慮した実際的な導入可能量を算定しなければならないと考えています。
 これは、陸上部のみでの値であり沿岸部海上(オフショアー)を考えた場合には、この数10倍以上の建設が可能と思われます。

2010年現在、ヨーロッパ各地に39の洋上風力発電所があり、あわせて2,396 MWの供給能力がある。100GW以上のプロジェクトがヨーロッパで進行中である。European Wind Energy Associationは目標を2020年に40GW、2030年に150GWとしている[1]。
2010年11月現在、300MWの発電能力があるイギリスのThanet Offshore Wind Projectが世界最大の洋上風力発電所である。デンマークのHorns Rev|Horns Rev II(209 MW)がそれに続く。

洋上風力発電のランキング
発電所出力 (MW)国メーカーと型番稼動年参照
Thanet300 イギリス100 × ヴェスタス V90-3MW2010[13][14]
Horns Rev II209 デンマーク91 ×シーメンス 2.3-932009[15]
Rødsand II207 デンマーク90 × シーメンス 2.3-932010[16]
Lynn and Inner Dowsing194 イギリス54 × シーメンス 3.6-1072008[17][18][19][20]
Robin Rigg (Solway Firth)180 イギリス60 × シーメンス2010[21][22]
Gunfleet Sands172 イギリス48 × シーメンス 3.6-1072010[22][23]
Nysted (Rødsand I)166 デンマーク72 × シーメンス 2.32003[17][24][25]
カナダのオンタリオ州は五大湖への洋上風力発電を推し進めている。その中には洋上20km、400MWのTrillium Power Wind 1も含まれる[26]。他にも太平洋上に洋上風力発電所を建設するプロジェクトもある[27]。
2010年の時点では、アメリカには洋上風力発電所は存在しない。しかし西海岸・五大湖・太平洋岸には洋上風力発電に適した土地があり、現在建設計画が進んでいる[1]。 





長島風力発電所
長島風力発電所(ながしまふうりょくはつでんしょ)は鹿児島県出水郡長島町にある風力発電所。



2008年(平成20年)6月までに全21基の据付・試運転を行い、同年10月に運転を開始した。


所在地:鹿児島県出水郡長島町川床
発電所名:長島風力発電所
発電事業会社:長島ウインドヒル株式会社(九州電力・九電工の共同出資会社)
発電機:三菱重工業 WMT92/2.4
発電量:一基当たり2,400kW
発電所出力:50,400kW
発電機数:21基
年間合計発電量:約 100,000,000kWh
年間二酸化炭素削減量:約40,000トン
工事着工年月:2005年(平成17年)10月
完成・運転開始年月:2008年(平成20年)10月
[PR]

by masashirou | 2011-06-29 16:37  

<< 九州最大となる九州電力の太陽光... 水が世界の人類の利権構造を大変... >>