おおまさ(OMASA)ガスについて

おおまさガスと類似したブラウンガス(酸水素ガス)の溶断機が33万円でネットで「酸水素ガス製品)と検索すると、売られていることに驚いた。宝石加工に広く既に使われているらしい。原子力安全保安院の規則認可がおりなくても、たくさんの人がその機械を多くの現場で便利なものとして使えば、自然に酸水素ガスにたいする認識も変化するに違いない。政府や大手企業は水素の燃料電池に多くの投資をしているのでおおまさガスやブラウンガスみたいに高能力と安全で貯蔵可能なガスが邪魔になる。しかし、水から水素を取り出し、電力や燃料として使用することが普通になれば、意外に早くおおまさガスに移行すると思う。NASAが開発したスターリングエンジンとこのガスを組み合わせると、原子力に頼らない社会を作れるように思う。
[PR]

by masashirou | 2011-06-16 21:54  

<< 日本の地熱政策について ブログをご覧になっている皆様に... >>