安定供給が可能なのが温泉発電と地熱発電だ

再生可能エネルギーは、地産地消エネルギーである。安定供給が可能なのが温泉発電と地熱発電だ

以下は温泉発電事業の実証試験の情報です。
松之山温泉でバイナリー地熱発電設備を設置した実証研究が行われます
2010年04月07日
松之山温泉でバイナリー地熱発電設備を設置した実証研究が行われます
 地熱技術開発(株)及び(独)産業技術総合研究所は、環境省の競争的資金を活用し、バイナリー地熱発電の実用化に向けた実証研究を松之山温泉(十日町市)で行います。

1 事業名 温泉発電システムの開発と実証
2 事業主体
  代表事業者 地熱技術開発株式会社
  共同事業者 独立行政法人産業技術総合研究所
3 事業概要
  温泉発電の普及のために、温泉や電力系統に影響を及ぼさない温泉発電システムの実用機の開発を行うとともに、温泉地での実証試験を行い、早期普及を図る。100℃以下の既存温泉による発電の試みとしては、全国初。
4 研究期間 平成22年度~24年度(3年間)
  22年度   装置の開発・調査
  23、24年度 装置を設置しての実証試験
5 事業費 年間1億円程度(環境省からの全額委託事業)
6 経緯
  平成21年度に県で実施した「バイナリー地熱発電導入可能性調査」が契機となり、事業主体は松之山温泉を実証地として選定。

※ バイナリー地熱発電とは
 1 80~150℃の蒸気や熱水を熱源として、アンモニアなど、低沸点の媒体を加熱・蒸発させて、その蒸気でタービンを回し発電します。2つの媒体(水と低沸点媒体)を利用することからバイナリーと呼んでいます。
 2 通常の蒸気発電に使われる地熱より低い温度、または、小規模な蒸気・熱水が利用可能で、温泉井に適用できる可能性があります。

本件についてのお問い合わせ先
産業振興課新エネルギー資源開発室 浦部室長、小野
電話025-280-5257(直通) 内線2832



ちなみに、総発電量のじつに74%を再生エネルギーでまかなっているニュージーランドには、世界最大の地熱発電所がある。アメリカのカフフォルニア州ガイザーズ地域には200万キロワット以上の地熱発電所がある。それらのほとんどが地熱タービンや発電機は日本製である。

日本のような火山国にとって、もっとも有望な資源浅部地熱資源量だけでで2300万キロワット(原発23基相当)が推定される。そして、日本は世界一の地熱発電技術をもっている。世界の地熱発電設備のおよそ70%のシェアを日本のメーカー(富士電機、三菱電気、東芝などが占めている。参考;最近の受注例【東芝(6502)】 タービン、発電機。(ニュージーランド・テミヒ地熱発電受注)。
【富士電機(6504)】 タービン、発電機。(蒸気タービン単機の発電容量(140メガワット)は世界最大)。
【三菱重工(7011)】 タービン、発電機。(アイスランドのレイキャビックエナジー社とアフリカの地熱発電開発に取組中、海外展開に積極的)。
【伊藤忠(8001)】 プラント。(九州電力とインドネシアのサルーラ地熱発電所の事業に参画)。
【丸紅(8002)】 プロジェクト。(インドネシアを始めとする環太平洋での地熱発電事業の開発・建設の推進に注力)。
【住友商事(8053)】 プロジェクト。(ニュージーランド国有電力会社からヌアワプルア地熱発電所建設プロジェクトの受注実績)。
【三菱商事(8058)】 プラント。(三菱重工とケニア向け地熱発電プラントの受注実績)

早くから地熱発電に力を入れてきた電力会社は東北電力や九州電力である。これまで日本の電力会社は地熱発電に消極的だったが、現在審議されている自然エネルギー法案や温泉法や公園法などの法整備がされて、自然エネルギーの全量買い取り法案が通過すれば、様々な事業体が地熱発電事業に参加するだろう。日本も地熱発電大国になることも夢でない。

 日本の国情からすると、大規模な地熱発電より、小規模水力発電のように、小規模な施設で足りるバイナリー発電(温泉発電)やステアリングエンジン発電(廃熱発電)のほうが、普及しやすいと思われる。これは水より沸点の低いアンモニアなどを気化させてタービンを回す方式で、水温が100度以下で、それほど高くなくても発電できる。通常の温泉の源泉を使うことができ、温泉街とも共存しやすい。たとえば大分県の別府市の杉の井ホテルや鹿児島県の霧島国際ホテルは、自家用の温泉発電施設を持っており、使用電力の25%以上を自前で供給している。

静岡県が2010年度から、温泉発電に適した場所の選定を進めてきた。2011年5月、下田市、東伊豆町など4カ所の源泉について、事業化が可能と判断し、採算などをさらに精査する方針である。新潟県の松之山温泉でも、2010年から、環境省の委託事業として温泉発電の実証実験が実施している。これらが成功すれば、あとに続く全国の温泉地を抱える地方自治体も参画するだろう。1981年にロバート/ステリング博士より発明されたステアリングエンジンが最近注目を浴びている。2008年、名古屋の大手ガス機器メーカーのリンナイは進化させた小型ステアリングエンジンの小型廃熱発電機を実用化し、欧州向けに既に1,000台発売している。このわずかな廃熱を電気にかえる発電機を全国の温泉地で使用すれば一気に温泉発電が拡大するであろう。先週の朝おはよう日本のNHKニュースでは、全国で2000カ所の温泉地で800万キロワット(原発8個相当)が発電可能であると報道している。

 
[PR]

by masashirou | 2011-06-16 14:41  

<< 三菱マテリアルと東北電力が地中... [日本はもっと地熱発電を] (... >>