公開された水を燃料にできる装置の作り方ビデオ



世界中で、水から燃料を取り出して石油に頼らない発電や自動車動かす個人の発明が無料で発表されています。電気分解に使用する電力の2倍のエネルギーが取り出されるそうです。質量保存の法則ではあり得ないことですが、原子が対生成と対消滅を繰り返し、揺らぎの「無;空』の空間から追加する宇宙エネルギーを新たに取り出しているのでしょうか?こうした発明を特許をとらないで世界中の人にこの装置をつくり、石油の消費をへらし、戦争のない世界を作ろうというメッセージを発信する人間たちが増えてきました。本当に大切なのものはすべてタダですから。水も空気も他人を思いやる心も。2013年に向けて素晴らしい時代に向けて着々と準備ができています。

北九州の工業団地の中小企業の社長さんが小型の水発電機を生産してくれたら被災地や震災時の自衛隊の緊急発電用として便利で感謝されると思います。また、原発の非需要電源として水を使った大型の自立型の燃料が水の発電装置ができればいいですね。地震で送電線が倒壊したり、重油タンクが損傷したり、道路が損壊したりしたときでも水なら手に入りますからね。いや、もしかしたらこれが家庭に工場に普及すれば、脱原発ができます。
[PR]

by masashirou | 2011-06-12 12:33  

<< 熱が有れば発電ステアリングエン... 水がガソリンに変わる!おおまさ... >>