日本の水で走る車



鹿児島のベンチャー会社株式会社 水素エネルギー開発研究所が開発した水と水素で走る車のニュースです。発明者の渡辺氏は申請に43年の年月を要した。この会社は、表向き水素と水で走ると水素自動車ということを全面に打ち出して、政府から発明をつぶされる危機を回避するのに成功した。えぬえちけー(英語を使うと抹消されるので)全国ニュースで報道されたが、その後上海万博で3万台の契約が新聞などで報道されたが、上海万博ではその姿を見た人がいない。ぜひ、日本として実用化していただきたいと思うが、ガソリンを使わないので発明も抹殺されるかもしれませんね。しかし、会社はまだ存続していますので期待できそうです。
[PR]

by masashirou | 2011-06-11 18:44  

<< 水で走る自動車に改造する会社 エルサレム上空に出現したUFO >>