ワンキャット(OneCAT)と名付けられたこの空気で走るクルマ






ワンキャット(名付けられたこのクルマは、
ランス・ベンチャー企業MDI (Moteur Development International s.a)が基本開発したもの
圧縮空気だけで移動して200キロの走行が可能、さらにガソリンエンジンコンプレッサーを搭載することで、走行距離の延長を図ることも可能である。
加えて長距離旅行などの場合には多種の液体燃料を使用できるバーナーで空気を暖めることで
圧縮空気の圧力を高め、800kmの走行もできるようになるという。
その場合、約66km/L、約59km/Lの燃料消費率、


ボディサイズは、両モデルとも全長×全幅×全高:3.4×1.65×1.7mで、それぞれ320、380kgの重さしかなく、
世界初という画期的なモデルにも関わらず約55/83万円という低価格で、インド国内での販売を開始する。
発生馬力15/22馬力、最高速度は時速90/110km。 カーボンファイバー製のタンクを搭載し。2〜3分という短時間で圧縮空気の補充が完了。
[PR]

by masashirou | 2011-06-08 20:52  

<< フィイリッピンの発明家が水で走... フランスの空気で走る車の実用化... >>