大和言葉と神道と老子(1)

日本人は8世紀まで文字を持たない民族でした。我が国最初の本「古事記」により口伝されていた日本の民族の記憶が文字に、世界的に最先端の文化を誇る国家の唐の文字である漢字により初めて表現されました。漢字は中国の象形文字です。日本人とは全く異なる心を持つ民族が作成した文字で古代の日本人の心を推測すると大きな間違いが出てきます。今回の老荘講座は、大和言葉に潜む古代の日本人の心をお話しましょう。その心は現代人もDNAとして潜在意識の中に眠っています。
カタカナ文字とひらがな文字が日本人が漢字を使いながら日本人の話す言葉を文字化しました。
不思議なことに、世界で表音文字と表意文字を組み合わせて使用している民族は日本民族だけです。
[PR]

by masashirou | 2011-05-15 13:47  

<< 大和言葉と神道と老子(2) 60歳を迎えた君へ >>