60歳を迎えた君へ

「この秋は風か嵐か知らねども今日のつとめの草を刈りとる」江戸時代の二宮尊徳先生の和歌です。様々な想いがあると思いますが、夜は早めに寝ることが節電になります。生かされている毎日を楽しく生きることが大切です。夜は早く寝ましょう。人生は120年時代にもうすぐなります。60歳は後60年をどう生きるか考える年です。
[PR]

by masashirou | 2011-05-15 13:34  

<< 大和言葉と神道と老子(1) 原発の代替発電手段・本命は「地... >>