老子哲学講座「あの世のシステムと老子」

老子哲学講座「あの世のシステム」
    2011年3月20日
b0072881_9432331.jpg
 

講師
白木正四郎


1)あの世と4つという数字の秘密と太極図
2)人間の寿命は800歳~1000年に拡大する?と最先端の福岡の再生医療
3)太極図と免疫システムと国家防衛システムの類似性について
4)人間はハイブリットエネルギーシステムで動いている!
5)太極図と免疫システム
6)私たちの文明が進化の方向性について
7)時間は幻想である
8)世界を変える二人の女性科学者「テイラー博士とランドール博士」


9)寿命の仕組み遺伝子に組み込まれた時計テロメアの謎
10)見えない世界の拡大が始まった
11)宇宙と素粒子の関係とは? ウロボロスの蛇とは?
12)見えない世界が見える世界を支配している!
13)お蔭さまという日本人の英知
14)すべての宗教の根本は「ありがとう!感謝」
15)太陽は暖かくて明るい?神様は自分の中にいる!


16)陰陽の太極図の紋様は宇宙の原理
17)雪崩のように幸福が押し寄せる!老子の魅力
18)肉体はアバターで真我が学ぶためにこの世でゲームをしている
19)花と根
20)4が支配する宇宙の不思議
21)龍こそ目に見えない世界の案内の象徴
22)道という概念こそ日本人の基本哲学

23)谷の魅力
24)水こそ生命の根本、水の知恵
25)無用の用を知れば幸福になる
26)知足を学べば幸福になる
27)壮にして学べば老いても衰えず

28)ミラーニューロンの発見
29)利他こそ幸福への道につながる生き方
30)時間の向きが逆に流れる!
31)自我は8つの意識我作り幻想.人生の成功とはなにか?
32)太極図の謎

33)日本文明と老子、老子と宇宙と時間、
34)老子は考えたあの世とこの世、
35)老子的自由人としての生き方など
36)UFOの飛来と2013年から始まる新しい世界秩序
[PR]

by masashirou | 2011-02-17 13:23  

<< 山鹿千人盆踊り懐柔に現れた龍玉... 4という数字の秘密と太極図 >>