ヒマラヤ上空で撮影された龍

b0072881_10181097.jpg


2004年の6月22日、撮影者は青海-西藏間鉄道の開通式典に出席するためチベットの アムド地方(※青海省のチベット族が多く住む地域)に向かい、帰りはラサから飛行機に乗ったそうだ。ヒマラヤ上空を飛行中に 撮った写真の中に、2つの龍のようなものが偶然写っていたとか。




ヒマラヤ上空で撮影された龍が飛ぶ映像としてインターネット上で話題になった写真。左下に2匹の龍の胴体が?これも双龍で2匹で撮影された。不思議な話。信じるかどうか?でも面白いですね。400倍に拡大して鱗と背びれをご覧ください。上の写真は全体写真です。左隅の部分に2匹の龍のような胴体が小さく見えます。チベット上空で撮影されたという場所になにか意味を感じます。スティーブン・セガールが「自分に龍が自分と一緒に写真に映るのは、ダライ・ラマにチベットで6ヶ月修行した後に、頭のチャクラーを開けていただいて、ダライラマからあなたを2つの龍が守るだろうと言われたから不思議ではない・・・」と写真を見て、私に話したことを思い出しました。

b0072881_1020232.jpg

[PR]

by masashirou | 2010-05-23 14:08  

<< I-phoneのアプリこそ宇宙... 老子の5つのキーワード「凹み」 >>