老子の5つのキーワード「凹み」

老子は凹みこそ命の源だという。

高く跳躍するために人は大きくかがむ。

求めようとするなら与える。

二宮金次郎は樽桶の水をくもうとするなら向こうに水を押しやれと言う。

そうすると自然に水はみずから自分の方へ流れてくる。

大きく息を吸おうと考えるなら、大きく息を吐き出せばよい。


大きく飛躍するためには後ろに下がり助走距離をとればよい。


人間は誕生の時に肺の中の水を吐き出す。肺を空っぽにする事から人生は始まる。


死ぬ時には息を引き取る。


吐き出すことが生きることであると老子は言う。


自分の凹みとは、欠点。欠点こそ大切なんだと老子は言う。


欠点を消すとあなたのいいところも無くなると言う。



家でもつとも大切な所はなんにもない空間。


しかし、人は家でもつとも大切な価値は壁や屋根や内装や絵画や照明だと考える。

本当に家で大切なのはなんにもない空間、凹みなのだという。


凹みの価値を知ろう。
[PR]

by masashirou | 2010-05-22 21:34  

<< ヒマラヤ上空で撮影された龍 ペルーの山に眠るインデアン >>