精神宇宙では未来から過去へ時間が流れる理由

私たちが絶対と考える時間の方向、過去から未来へと流れると考えている時間ベクトルも相対的に流れるのです。
波動宇宙、精神宇宙では未来から過去へ時間が流れる理由

波動宇宙、情報宇宙、精神宇宙の世界では、時間のベクトルが物質宇宙、肉体宇宙の世界を流れる時間ベクトル、つまり、過去から未来への時間ベクトルと正反対の向きに流れています。

時間は川のようなものです。

肉体宇宙で先に歩んでいる人たちは川の上流を目指して、進んでいく人たちです。未来の子供たちは川の下流にいる人たちです。現在の我々から見ると、前に見える人たちが過去の人で、後ろにいる人たちが未来の人たちです。

我々が過去が見えるのに、未来が見えないと思うのは、精神世界では前である「過去」を向いて時間という川を上っているからです。未来は、後ろを見ようと振り返る意志を待たないと見えないのです。

前が過去で、未来が後ろ。つまり精神世界では前が過去で、未来は後ろにいると認識しています。

大東亜戦争の前という表現をします。「前」が過去なのです。

大東亜戦争後という表現をします。「後」が未来なのです。

人気テレビ番組で「BEFORE AFTER]という改築の番組が有りますね。古い家が前の家で、改築した家が後の家です。「過去である原因」が「前」にあり、「未来である結果」が「後」に有るという感覚を自然に我々は持ってそのように表現します。


つまり、無意識レベルで、時間のベクトルの向きを時間が未来から現在から過去へと流れていると感じているからそのように表現しているのです。

2500年前の老子やお釈迦様が語った言葉や英知を現在に生きる我々が飛躍的に科学がすすんだと自負しながら理解しようと試みて、いまだに到達出来ないでいるのは、精神宇宙では老子やお釈迦様が精神的上流にいる人たちだからです。

よく、2500年も前に科学も今ほど無い時代に、量子力学も宇宙理論も解明されていなかった時代に、老子やお釈迦さまのような発想ができたなあと感心する人がいます。

そうじゃないんです。

精神世界では、我々は、2500年前の精神を目指している時間ベクトルの流れの中にいるのですから、「過去」の人の方が精神レベル的に「未来」的に進んでいるのです。

前向きに生きるとは、精神的な世界では「過去に学ぶ」という事なのです。

後ろ向きに生きるとは、精神的に劣った未来の知識のカオス的泥沼にはまり混乱すると言うことなのです。


未来には、過去の英知を右脳で理解する智慧が衰えて真理が理解出来なくなった我々が呆然と佇んでいます。

だからこそ、膨大な科学的知識を必要となり、未来の英知である「過去の英知」を理解しようと試みているのです。


精神世界では、我々は退化しているのです。

ダーウインは物質宇宙、肉体宇宙での時間ベクトルである過去から未来へ流れる時間の中で、進化論を語りました。それは正しいのです。


しかし、精神宇宙の世界では過去から現在に流れ未来へ流れる時間のベクトルの視点から見ると、退化論なのです。


1000年先の未来の我々が相変わらず、様々な理論を駆使して老子やお釈迦様の語った真髄をああでもないこうでもないと悩んでいる姿が見えます。


精神宇宙の退化論こそ我々が自覚すべきことなのです。


つまり、精神宇宙では、時間が未来から過去へと流れているからです。

ここでで注意しなければならないのは、精神宇宙が物質宇宙のベクトルに従い物質宇宙のエントロピーが増大して、朽ちる時、つまり肉体が無くなる時、我々は神の領域にどんな人でも入るのです。
精神宇宙では退化論と言いましたが、最終的には、不思議なことに、完全なる退化は最高の魂の状態と一致するのです。これは陰を極めれば陽の中心に太極図の原理に従うからです。


つまり、人生を一生懸命に努力した人も、人生をいい加減に過ごした人も同じように神の領域に、魂の幽体の領域に入るのです。親鸞聖人が「悪人なおもて往生す。況や悪人おや」と語られたのはこのことです。ただいい加減に過ごした人は満足しないので再びこの世に戻ることを希望するのです。

この世界はアバターゲームですから、どのように過ごすかはあなた次第です。


いい加減な人生を過ごすと、童話の「百万回死んだ猫」のように本当に他人を自分と同じように愛する事を学ぶまで、で何度も何度もこの世に戻ることになります。

私がこの事実に気がついてから悟りを拓くために苦労する必要はないと気がついたのです。


人間だけが自分以外のものになりたいと努力している。

時の流れに身を任せて、漂うように行ければいい。

ただ゙感謝して今を楽しんで生きる事が最も大切だと気がついたからです。
毎日が楽しい。毎日が楽しく遊べばいいと感じています。
[PR]

by masashirou | 2010-05-15 19:57  

<< 本当のものは目に見えないんだよ 地上も光で溢れている >>