右脳的な生き方のすすめ

右脳は5次元世界と繋がる脳の機能を果たしています。左脳はこの世で生きる機能を果たしています。どちらも大切な脳の機能です。右脳は一瞬にして五感からの情報を並列処理をして膨大な情報を今という瞬間に手に入れることが出来ます。左脳はそれらの情報を直列的に情報の重要度を分析して並べ替え処理をします。直列処理をすると、時間という線が出来ます。ここではじめて今という一瞬が過去と未来に分類されるのです。これは過去の情報、これは更に過去の情報。そうして未来の行動を時間軸に沿って想像することが出来ます。また、五感から右脳が得た空間情報を立体的に情報を組み立てます。又視覚情報の映像を各部分に名前を付けてその立体情報を組み立てます。それにより、自分の身体の領域と環境や他者の立体映像を認識します。時空という認識から行動がはじめて可能になるのです。つまり変化することが出来るのです。

右脳世界では全て宇宙の全てがひとつに繋がる感覚が強く認識出来ます。安らぎの世界です。他者という意識が存在しません。ですから平和な感覚の中で漂う感じです。しかし、自分の固有の波動領域を漠然と感じる事が出来ます。これが幽界、5次元世界における自我です。


右脳と左脳は脳梁により、強く連結されています。そのために、右脳と左脳とが描く情報を区別する事が出来ません。しかし、右脳と左脳の仕組みを理解すれば、憎しみや差別や区別や他者との比較意識やそれらの感情が左脳が作り出す情報である事が即座に判断出来るのです。右脳だったらどのような判断するかという思考過程を得ることで、脳を、たとえば目の前に置いた連結した2台のノートパソコンのようにイメージすると、右のパソコンの情報と、左のパソコン情報を較べどのように行動すべきか冷静に判断することが出来るのです。

8年間、右脳だけで生活をした脳機能学者テイラー博士は、回復した現在、右脳と左脳をまるで2台
のノートパソコンのように使い分けて、苦しい時は右脳の感覚で、左脳が指示する争えとか、比較せよという指令を無視する事が出来るそうです。

私たちも、そのイメージで脳を切り離して、思考する試みをしてみませんか?楽しいですよ。
[PR]

by masashirou | 2010-05-13 14:55  

<< 足跡 賢者の教え >>