人間の成熟度

アインシュタイン博士の言葉に「人間の成熟度はいかに自己を客観視出来るかにより計られる」この言葉は、抽象度を上げ、より高次元の視点から自己を観察出来るかが、その人間の成熟度の目安になるという意味である。

ギリシャ神話「シーシュポス」の主人公の男は神から未来永劫、大きな岩を高い山に運ぶ運命を言いつけられます。フランスのノーベル文学賞のアルベール・カミューは、彼を題材にした小説「シーシュポスの神話」の中で、「彼は山から転げ落ちる岩を見ながら、自分の運命を客観的に自分の不幸な運命を見る視点を得た時、彼は幸福を感じたに違いない」と書いている。

自分の肉体がアバターであり、この世での出来事が全て仮想世界の「リアリティ」という視点があれば、自分の出来事を抽象度を上げて見ることが出来るはずである。

[PR]

by masashirou | 2010-02-09 22:42  

<< 映画「アバター」と映画「サロゲ... 3Dテレビの時代到来 >>