宇宙の始まりと終わりの謎がわかった!

お釈迦様は、宇宙は「無始無終」であると言われています。

ビッグバンは物質宇宙の観点から見れば、「原因」、つまり、始まりです。

しかし、情報宇宙の観点から見れば、「結果」つまり、終わりであるからです。

始まりと終わりは同じものなのです。

2500年前に、お釈迦様が語った「時空観」とは、時間とは空である。有るとも無いとも言えない。時間の流れが相対的に、真逆に流れているので、有るとも無いとも言えないのです。

物質宇宙(陽の宇宙)とでは全てが時間と共に、乱雑となり、エントロピー(秩序ある形が乱雑に無秩序になる度合いを示す概念)は増大していき、物質宇宙(陽の宇宙)は膨張し続けていきます。例えば、整然と整理された部屋が散らかされていくように、また、綺麗に整えられた庭園が雑草で覆われるように、やがてバラバラに崩壊していきます。

物質は時間の流れと共に朽ちていきます。これは物質化した時の運命です。人間はエントロピーの増大と戦う為に、エントロピーの低い食べ物を消化することで、細胞を毎日2%づつ再生産して肉体を保持しています。それでも最大で120年の寿命しか維持できません。


しかし、情報宇宙(陰の宇宙)はでは時間と共に未来から過去に向けて、エントロピー(秩序が無秩序に変化し、乱雑になる割合を表す概念)が膨張し続けます。たとえば、誕生したばかりの赤ん坊は無限の可能性が有る状態、つまりエントロピーが最大の状態で生まれ、人生の時間の経過と共に、この人間はこんな人ですと集約されたひとつの情報にまとまる。つまり、情報のエントロピーが最小になるのです。

未来の情報宇宙(陰の宇宙)の初めは脳が作り出すひとつの心そのものです。この状態が、最少のエントロピーの状態である。最小の情報の状態、この状態をお釈迦様は「空」と、老子は「道」と名付けました。ここでは、物質と情報(心・波動)が混沌の状態で揺らめいています。とても平和で、平穏な世界です。これがビッグバンを引き起こす「原因」となるのです。
[PR]

by masashirou | 2010-02-08 13:18  

<< 臨死体験のおじいさんと出会う 物質宇宙(陽の宇宙)と情報宇宙... >>