秩序と混沌の融合こそが生命を誕生させる

生命は水(液体)の状態で創造される。氷(固体)では秩序があり過ぎ、水蒸気(気体)では自由度がああり過ぎる為に生命が創造されない。

陰が固体、陽が気体。陰の陽の入り口が(融点)と陽の陰の出口が(沸点)となる。水(液体)適度な秩序と適度の自由がある。生命は秩序と自由混沌の条件の下で創造される。

物質宇宙(陰)では秩序が固定され過ぎて生命活動が出来ない。波動宇宙(陽)では自由度がありすぎて生命活動が出来ない。

生命は物質宇宙と波動宇宙が相互に重なり合う所に創造される。

陰の陽の宇宙は肉体と心が活動するこの世。陽の陰の宇宙は魂と幽体活動するがあの世。

宇宙原理は混沌と秩序という矛盾する二つの要素を持っている。
[PR]

by masashirou | 2010-02-07 21:12  

<< 時間は未来から流れてくる 太極図の紋様と宇宙 >>