人類が神を殺した時代

近代とは、人類が神を殺した時代です。
目に見えないものは存在しない。

目に見えるものだけを対象とした科学を神とした時代であった。

ものを全て数字で置き換えたお陰で、この世の存在が数字を通して比較され、科学的に検証される対象となりました。

しかし、目に見えない友情や愛情や家族の繋がりや、優しさ、人間が感動する自然の感動など、

本当に大切なものは、全て目に見えないのです。

目に見えるものだけが存在する。今、目に見えないものを見ようとする動きが始まります。数字で置き換えれない本当の幸福を人々が求めている時代が来ました。
[PR]

by masashirou | 2010-02-05 13:51  

<< キッコーマン 欧米でしょうゆ増産 人間は二度死ぬ >>