「自我」とはなんでしょう。

「自我」とはなんでしょう。

人間の細胞は60兆個と言われています。毎日2%の細胞が死滅再生しています。50日で完全に新しい肉体になります。しかし、どんなに再生しても120年の寿命と言われています。ただし、脳の1000億個の細胞は再生されません。再生すると、自我が消えるからです。しかし、寿命は200年といわれています。我々は、脳細胞の2%しか使用していないからです。この80年の寿命のギャップを埋める為に、医学が発展しています。日本人が作り出したIP細胞(全細胞)から無限にその人の臓器や皮膚が作られるようになると、永遠の肉体を再生できる未来も到来するでしょう。

将来、人間の臓器のほとんどのパーツがIP細胞で作られた臓器や人工物で置き換えられた時、人間は自我をどのように定義するのでしょうか?

それは、「脳」だと言えます。

では、脳のある部位が損傷を受けて、人工的な記憶マイクロチップに置き換えられて、ついには、99.9%人工物の脳が完成した時はどうでしょうか?
それでも、「自我」は存在するはずです。
では、100%の人工頭脳と100%の臓器を完備する人工の身体が「自我」持った場合はどうでしょうか?
答えは、「自我」と言う情報がある限り、例え全てが人工的に製作されたとしても、人間だと言えるでしょう。
つまり、個人という認識する「情報」がある限り、「自我」は存在するのです。

「脳のなかの自我の個人情報」が「自我」なのです。

その脳という物質の作り出す思念ネットワークシステムの情報が「宇宙」を創造しているのです。
[PR]

by masashirou | 2010-01-31 09:34  

<< 神からの伝言(2) 自我の存在と宇宙のビッグバンの理由 >>